【更新】伊藤園(2593)の株主優待(2010年4月度権利確定分)

2010/08/02 06:47

伊藤園(2593)の株主優待Garbage Shot」第百三十九回。今回は緑茶系飲料最大手の【伊藤園(2593)】の株主優待を紹介。正確には【伊藤園第1種優先株(25935)】の優待だが、中身は同じなので特に問題は無し。

スポンサードリンク


最新の四季報によると伊藤園の特徴は「茶葉製品・緑茶飲料の最大手。ルートセールス方式。中国、豪に茶園展開。無議決権株式発行」。コンビニやスーパーの飲料水コーナーには必ずといってよいほどその姿を見せるメーカーで、特に「お-いお茶」シリーズは多種多様なものが発売されている。

伊藤園の株主優待は【公式サイト】によれば「100株以上1000株未満で1500円相当の自社製品詰合せ」「1000株以上で3000円相当の自社製品詰合せ」とある。当方はまだ1000株以上を保有していないので、「1500円相当の自社製品詰合せ」の方。ともあれ先日到着した箱をさっそく開けてみる。


↑ 伊藤園(2593)の株主優待、箱の中身
↑ 伊藤園(2593)の株主優待、箱の中身

イメージカラーの緑色で彩られた箱の中には、190グラム・160グラムタイプの缶入り飲料が各6本、計12本納められていた。具体的には

●190グラム
・お-いお茶 濃い味×2
・Wコーヒーブレンド ザ・クオリティ×2
・ティーズティー ニューヨーク(ベルガモット&オレンジティー、マンハッタンミルクティー)

●160グラム
・お-いお茶×2
・ビタミンフルーツ(熟ミックス100、熟パイン100)
・1日の栄養バランス 30品目野菜
・健康体 純国産野菜

な構成。伊藤園で一番メジャーな「お-いお茶」は計4本で、他にはジュースやコーヒーなど多彩な品ぞろえ。

↑ 全缶集合
↑ 全缶集合

自動販売機で各飲料水の販売価格をじっくりと観察したことがないので個々の定価までは分からないが、12本なら大体1500円くらいでそろばん勘定が合う。

なお商品そのものは市販されているものと同じなので、個々の解説は省略。品ぞろえ的には自社の主力商品(お茶系飲料)のさらなるプッシュというより、「このような商品も出していますよ」的な意味合いが強い気がする。ただ、そのコンセプトでいくのなら、トクホやサプリメント、食品あたりを混ぜてもいいかな、という感はある。あるいは1000株以上の株主向けの優待には、それらの商品が入っているのだろうか。

また、優待の箱には掲載商品を定価から3割引き・さらに送料無料で購入できる、特典付きの商品カタログが同梱されている。伊藤園の商品をボンガボンガ消費している人にはありがたいカタログといえよう。

株価の方(優先株)は2009年の夏前に底値を打った後、じわじわとではあるが復調しつつある。優先株なので議決権は無いが、優待は普通株と同じ、配当は原則普通株の1.25倍と、配当・優待取りにはありがたいタイプの有価証券といえる。実際今回の権利確定年における配当は48円で、直近の株価で逆算すれば利回りは4.8%。5%超えをつけたあたりで買い増ししようかな、と考えてはいるのだが、なかなかチャンスが巡ってこないのが実情だ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー