健康目指して確実に歩む為に

2010/07/28 06:56

健康誰もが健康面で何の心配も要らず、長生きできるようなライフスタイルを目指して日々の生活を過ごしたいもの。【お腹を減らさずに体重を減らす10の簡単な方法】をはじめとするダイエット方法が多種多様に伝えられるのもその一環ではある。しかしやるべきことが多すぎて戸惑う人も少なくないはず。「一体何から手をつければいいの?」。【アメリカ糖尿病協会(The American Diabetes Association)】では【HealthDay】を介し、「全部をすべてに行うのは無理なお話」とした上で、次のようなステップを踏むと分かりやすい・やりやすいとアドバイスしている。

スポンサードリンク


・多種多様なライフスタイルの変化のうち、変える準備が整ったと自分で認識できる時にのみ、一つひとつ変えていく。全部同時に目標を達成するには、数か月も数年もかかるかもしれない。

・ライフスタイルを変えるために、精一杯努力をしなければならないという体質、習慣を自分が持っていることを認識する(努力・苦労しなければライフスタイルを変えることすらままならない、今の状況に甘んじている自分を認めるということ)

ジムでの運動・ライフスタイルの変化がなぜ自分自身にとって重要なのかを認識する。それが例え自分自身、家族、友人のためなのか否かを問わず(※要は自分自身にとっての重要さを認めておかないと、何か壁にぶち当たった際に「どのみち他人のためなのだから」という逃げの気持ちが生まれてしまう)。

・例えば「テレビを見る代わりに毎日15分間散歩をする」のように、自分に変化をもたらす簡単なところから手掛けてみる。

・現実的で達成可能な、期限付きの目標を設定する。そしてその目標を確実に達成できるようにし、それを果たしたら自分に向けての「ご褒美」を与える。【月曜日を迎えるのがブルーな気持ちにならない8つの秘けつ】あたりも参考になる。

原文の冒頭にある「Don't try to do everything at once.(全部をすべてに行うのは無理なお話)」は何も今件の「ライフスタイルの変更」だけに限った話ではない。いっぺんに色々なことを急に変えようとすると、大きな反動を受けやすいのは世の常というもの。一歩一歩確実に前に進むことこそが、ゴールへの距離を短くしていくのだから。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー