「携帯だけ」は885万人・インターネット利用時の端末の種類をグラフ化してみる

2010/07/29 12:05

携帯インターネット総務省は2009年7月6日、平成22年(2010年)版の情報通信白書を発表した(【発表ページ】)。日本国内のインターネットや携帯電話など、情報通信関連の各種調査結果を反映した白書で、同年4月27日に発表されている【通信利用動向調査】のデータなどを盛り込んだ、同省の情報通信統計の集大成的なレポートとなっている。今回はそのデータを元に「インターネットにアクセスする際の端末の種類」についてグラフ化してみることにする。

スポンサードリンク


情報通信白書に掲載されていた今データは通信利用動向調査からのデータの引用で、大元は【こちら(PDF)】に掲載されていたもの。また、通信利用動向調査そのものは2010年1月に、層化二段抽出方式による無作為抽出で選ばれた、20歳以上の世帯主がいる世帯・構成員6256世帯に対して行われたもの。有効回答数は4547世帯・1万4549人(企業に対して行われたものは常用雇用者規模100人以上2870企業/有効回答数1834企業)。調査方法は郵送による調査票の配布および回収なので、各媒体の保有率は調査結果に影響を与えていない。

最新版「通信利用動向調査」によると、2009年12月末時点のインターネットの普及率は78.0%・利用者人口は9408万人に達している。なおこの調査結果における「インターネット利用」とは、6歳以上で、過去1年間にパソコン・携帯電話・PHS・ゲーム機などあらゆる端末でインターネットにアクセスした経験があるか否かのみで判断している。アクセス対象の機器を自分が保有しているか否か、利用目的が私的・仕事上・学校の学習用であるかなどは一切問われていない。要は「インターネットカフェで、備え付けの端末でネットサーフィンをした」「DSでインターネットブラウザを使ってアクセスした」でも「利用者」に該当する。

インターネット利用者数及び人口普及率の推移(個人)
↑ インターネット利用者数及び人口普及率の推移(個人)(再録)

それではどれだけの人がどの端末を利用してアクセスしたのだろうか。ここでは利用端末を

・パソコン……パソコン経由
・モバイル……携帯電話、PHS、PDA含む
・ゲーム機・テレビ等……インターネット接続可能なゲーム機、インターネットテレビなど

の3つに区分し、それぞれのデータを抽出した。まずは重複の場合も含め、その端末を使っているか否かで見た利用者数。パソコン経由が一番多く、8514万人。全体が9408万人だから、90.5%という計算になる。

↑ インターネットアクセスの際の、単純な3区分における端末種類(個人・2009年末)(万人)
↑ インターネットアクセスの際の、単純な3区分における端末種類(個人・2009年末)(万人)

モバイル端末経由は8010万人。インターネット利用人口が9408万人であることを考えると、多くの人が少なくともパソコン・モバイル併用であることがうかがえる。

そこで次に、「パソコン」「モバイル」「ゲーム機・テレビ等」をそれぞれ使っているか否かで区分し、それぞれのインターネット利用人口をグラフ化したのが次のグラフ。例えば「P:○、M:○、G:×」なら「パソコンとモバイルは使っているが、ゲーム機などは使わないでインターネットにアクセスしている人の数」ということになる。

↑ インターネットアクセスの際の利用端末(重複要件区分)(万人)(2009年末)(P:パソコン、M:モバイル、G:ゲーム機・テレビなど)
↑ インターネットアクセスの際の利用端末(重複要件区分)(万人)(2009年末)(P:パソコン、M:モバイル、G:ゲーム機・テレビなど)

一番多いのは「パソコンと携帯電話併用」のパターンで6492万人。次いで「パソコンのみ」が1292万人。興味深いのは「携帯電話のみ」で、これが885万人存在する計算になる。「パソコン・携帯・ゲーム機すべて併用」は627万人。さすがにゲーム機やテレビでのみインターネットにアクセスしている人はほとんどいなかった。



携帯インターネット携帯電話絡みの記事において、しばしば「パソコンやゲーム機を使わず、携帯電話だけでインターネットにアクセスしている人はどれくらいいるのだろうか」という話が話題に登る。今件データはあくまでも調査母体を元に人口比率などを勘案して概算しているので、「ぶれ」は生じているものの、インターネット利用人口全体の1割前後、1000万人近くは「ケータイだけでインターネットの世界を知っている」ということになる。

今後は携帯電話の性能が今後ますます向上し、スマートフォンのような「よりパソコンに近い携帯電話」も普及していく。そしてそれに伴い、「携帯電話(モバイル)だけでインターネットを活用している人たち」の数、そしてインターネット利用者全体に対する比率も、これまで以上に増加するに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー