【更新】賞味期限5年の非常食「コアラのマーチビスケット(保存缶)」数量限定で発売

2010/07/23 12:00

「コアラのマーチビスケット(保存缶)」ロッテは2010年7月22日、同年8月3日から賞味期限が5年の非常食商品『コアラのマーチビスケット(保存缶)』を数量限定で発売すると発表した。9月1日の防災の日にあわせてとのこと。57グラム・3袋入り。価格はオープン価格(想定小売価格398円前後・税込)([発表リリース])。

スポンサードリンク


↑ 『コアラのマーチビスケット(保存缶)』外装と中身の個別包装
↑ 『コアラのマーチビスケット(保存缶)』外装と中身の個別包装

↑ ビスケット絵柄
↑ ビスケット絵柄

『コアラのマーチビスケット(保存缶)』は、コアラのプリント絵柄が描かれたプレーンタイプのビスケット。震災時でも容易に食べられるよう3袋に分けられて梱包されている。賞味期限は5年(60か月)を想定しており、防災時の保存食としての利用が可能(【賞味期限は5年! キャラメルの「ミルクキャラメル」とビスケットの「マリー」が非常食として登場】で紹介したミルクキャラメルやマリーも保存期間を5年間としている)。

また、保存缶の裏面にはNTTの協力により「災害伝言ダイヤル」の「手引書」をプリント。「伝言ダイヤル」とは「171」を使い電話番号を暗証番号として、伝言を「被災者本人」と被災者の安否を気遣う人との間で交わすサービスだが、「いざ」という時にはつい使い方を忘れてしまうもの。その「いざ」という時に用いるであろう保存食にプリントしておくことで、忘れずに利用することが可能となる。

なお『コアラのマーチビスケット(保存缶)』は【あの「コアラのマーチ」に非常食ビスケットが登場】にもあるように、従来は保存期間を3年としていた。今回は製法を変えたのか、保存期間が2年延長されている。保存食として利用するのなら期間が長いにこしたことはないので、こちらを選んだ方が無難といえよう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー