ネットビジネス 7つの鉄則

2010/07/15 07:20

オンラインビジネス【ソーシャルメディアの勝ち組FacebookとTwitter、勢い止まらず】【マイケルジャクソンのページは18億ドルの価値が? Facebook国勢調査】などにもあるように、ソーシャルメディア界隈だけを見ても、続々とオンラインビジネスの世界で成功をおさめた人たちが輩出されている。彼らに純粋にあこがれ、あるいは今や日常生活に欠かせないインターネットを利用する中で思いついた発想を具象化し、彼らの後に続きたい人は、それこそ星の数ほど存在する。しかしその夢をつかみ取るには、いくつかの重要な「鉄則」があるという。【Dumb Little Man TIPS FOR LIFE】ではその鉄則について、7つに分けて紹介している。

スポンサードリンク


1.焦点
集中すべてにおいて完璧なシステムを創ろうとしないこと。あらゆるものを包括しようと試みても、人知では不可能(それこそ「アカシック・レコード」を創り上げるようなものだ)。自分が見定めた一つの方針、目的、主旨に従い、それに焦点を当て、集中する。

2.「自分はこれから新しいビジネスに突き進む」という状況を認識し受け入れる
自分が手掛けようとしているビジネスが成功するか否かは、誰も保証しない(当然の話で、そんな保証があるのは「必ず成功します」といったうたい文句の詐欺的起業ビジネスだけだ)。当然、自分自身も「うまくいくかな」と疑心暗鬼に陥り、「もしかしたら」を想像して、自分がそのビジネスを大好きであるにも関わらず、一方で手堅い、これまでの仕事を継続することも多い。

しかしそれは、自分自身の意思をくじく要因にもなりうる。「保険」という観点では正しい選択だが、意思を強固なものとするため、「背水の陣」を敷くのも一つの手である。

3.行動を起こす
ビジネスに関するあらゆるアイディアや情報が頭に詰め込まれていても、それが具象化されなければ「脳内ビジネス」で完結してしまう。実際に行動を起こさなければ何も成し遂げることはできない。もちろん実体化・具体的な行動の中で、頭に思い浮かべていたことと異なる現実に直面したり、ミスをしてしまうこともある。それでも足を踏み出さねば前進は出来ない。

メンターからの教え4.「良き師」を見つける
「良き師」とは英語で「メンター(mentor)」と評される人の事を指す。自分の手掛けるビジネス分野に精通し、明らかなミスに対して適切な助言をしてくれる「師」を見つける必要がある。この「師」を見つけるには、「自分に共感してくれる人」あるいは「自分の手掛けようとしている分野で、すでにひとかどの成功を収めている人」にアタックをかければ良い。

5.わざわざ最初からやり直さない
オンラインビジネスにおいて、全部を一から作り直して「自分のシステム」を創ろうとしても、時間がかかり、失敗するリスクを多く背負うばかり。すでに成功を収めている他の人の仕組みにまたがり、あるいは利用することで、自分自身の道のりも短く、そして平坦なものとなる。

もちろんこれは自分の独自性・創造力を否定したことにはならない。しっかりした足元を既存のシステムで創り上げることで、その上で安心感を覚えながら、独自のシステムを構築することができるわけだ。いわば「最終目標地点」までの近道をしただけだと考えれば良い。

【哲学者ソクラテスから学ぶ7つの人生訓】でも触れているが、書籍に書かれている事柄が書き手によって10年かけて得た結論によるものだとするならば、同じことを自分が一からはじめれば、やはり10年かかってしまう。わざわざ「近道」が用意されているのに、それを無視して道なき道を歩む必要は無い。

忍耐と情熱6.忍耐
オンラインのビジネスで成功裏を収めるには(※オンラインに限らないが)、忍耐が必要になる。「ネットビジネスならぱっと手掛けですぐに大成功を収めるさ」と考えているのなら、その認識を改める必要がある。最低でも一年は耐え続け、そして(大儲けは出来なくとも)楽しみながら続けられる何かを手にすることが肝要。【アインシュタイン氏から学べる10の「力がみなぎる方程式」】でもアインシュタイン氏が「忍耐は極めて重要」と述べているが、まさにその通り。

7.情熱
お金持ちになったけど、意味の無い仕事を続けるだけの日々を過ごす、そんな人生に価値はあるだろうか。やはり本当の成功とは、必要なだけの(十分以上の、では無い)お金を得て、自分の好きな仕事を続けられる状況を表す。「世間一般の人が飽く無く求めているもの」と「自分自身を幸せにするもの」その双方の条件を満たすものを見つける必要がある。それには時間がかかるだろうが、人生そのものが旅行のようなものだから、そのプロセス自身も楽しんだ方が、賢い生き方といえる。

読み直してみると、以前【ベンチャービジネスをはじめる時におちいりやすい10の落とし穴】でも触れた、オンラインを含めた包括的なビジネスにおける鉄則とさほど大きな違いは無いことが分かる。もちろんオンライン上のビジネスならではの留意点(特に「1.」と「5.」、そして「6.」あたりか)には気を付ける必要がある。

また、元記事の作者Henri Junttila氏は、ロシアの小説家マクシム・ゴーリキーの言葉を借りて、次のような言を発している。特に「7.」の意味に通じるものであり、オンラインビジネスを立ち上げる際に欠かせない一文として、最後に紹介しておこう。

When work is a pleasure, life is a joy! When work is a duty, life is slavery.
(働くことが楽しみであれば、人生とはとても楽しいものとなる。しかし働くことが義務であるようなものになれば、人生はまるで奴隷の生活のように重苦しいものでしかなくなる)

まさに至言といえよう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー