ローソンの「プレミアムレアチーズロールケーキ」

2010/07/14 12:50

ローソンの「プレミアムレアチーズロールケーキ」Garbage Shot」第百三十七回。今回は先に【「プレミアムロールケーキ」シリーズに夏味「レアチーズ」登場」】で紹介した、[ローソン(2651)]が2010年7月13日から発売されている、スイーツ新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」の「プレミアムレアチーズロールケーキ」。同社の「ロールケーキ」シリーズでは第五弾のもので、以前発売されていた【ローソンの「プレミアムチーズロールケーキ」】の夏向けバージョンとなる。

スポンサードリンク


今回も、いつも利用している自宅近所のローソン某店に足を運び、該当商品の調達。いつの間にか店内レイアウトが変わりっていて少々戸惑うはめになったが、対象商品「プレミアムレアチーズロールケーキ」を確認。

「プレミアムレアチーズロールケーキ」。少々低い位置におかれるようになり、上からスイーツ全体を一望できる配置に。その中央にお目当てのものが。
「プレミアムレアチーズロールケーキ」。幾分低い位置に配されるようになり、上からスイーツ全体を一望できる配置に。その中央にお目当てのものが。

早速買物かごに収めてレジで清算。写真撮影の際の予備のために二つ購入。ある店員さんは「うちの娘も大好きで、このプレミアムチーズロールケーキは再びの販売になるんですよ」とニコニコしながら説明してくれたが、厳密にはこれ、同じじゃなくて「レア」がついたアレンジバージョンですから(笑)。

それはともかく、自宅に戻り、早速袋から商品を取り出してみる。

「プレミアムレアチーズロールケーキ」
「プレミアムレアチーズロールケーキ」

スペックは、重量が正味77グラム、厚さ20ミリ・直径90ミリ。先の「プレミアムチーズロールケーキ」と比べると、多少小ぶりになった感はある。カロリーが236Kcal、脂質15.6グラム、ナトリウム120mgと、「レア」でないのと比べるとほんのちょっぴりだけカロリーは低い。製造元はいつもの【コスモフーズ】【商品一覧】を見ると、すでに「プレミアムレアチーズロールケーキ」の姿が確認できる。いわく、

クリームにキリのクリームチーズを配合してメレンゲでふんわりした食感にし、シチリア産レモン果汁を加えさっぱりと仕上げました。チーズ生地に国産のレモンピールを加え爽やかな香りの生地にしました。

とのこと。「ピール」とは皮のことで、これはリリース通り。

袋を開けて中身を取り出すと、容器の中にさらに薄いビニール製のカップが用意されており、その中にくだんの「プレミアムレアチーズロールケーキ」が「早く食べて」とばかりに顔をのぞかせる。以前の「プレミアムチーズロールケーキ」と比べてチーズ独特のこってりとした香りはやや薄めで、代わりにさわやかなレモンの香りが鼻を刺激する。

100円ショップやスーパーなどで普通に売っている太巻きのロールケーキは、あくまでもスポンジケーキがメイン。クリームは巻かれたケーキの間に入っている「つなぎ」のようなイメージでしかない。しかしこの「プレミアムレアチーズロールケーキ」は他の「プレミアムロールケーキ」シリーズ同様、ロールケーキと表現するより、「スポンジケーキで包んだたっぷりの生クリーム」という言い回しの方がしっくりくる。それだけクリームの圧倒感が強い。ただし一部で指摘のあったように「巻いていないのにロール(巻く)ケーキとはこれいかに」という禅問答が頭に浮かんでしまうのは相変わらず。贅沢な悩みというところか。

「プレミアムレアチーズロールケーキ」を上と下から眺めてみる
「プレミアムレアチーズロールケーキ」を上と下から眺めてみる

念のため下からのぞいてみたが、底までぎっしりとレアなチーズクリームが詰まっている。

肝心の味わい。これが極めてトレビアン。先の「プレミアムチーズロールケーキ」ではチーズのコクが前面に押し出され、チーズケーキ的な味わいを思い起こさせたが、今回の「プレミアムレアチーズロールケーキ」ではそれにレモンのさわやかさが加わり、口当たりの軽さ、夏向きなさっぱり感をかもしている。もちろんいつもの「特製クリーム独特の、舌をふんわりと包み込むような優しい食感」もそのまま。チーズの独特な重みと風味で敬遠していた人も、これなら大丈夫という人も多いだろう。さらに所々ではあるが、生地部分に入っている「ピール」が口の中で新たな歯ごたえを覚えさせ、味全体にアクセントを与えてくれる。

チーズは好みが比較的分かれる食品なので、チーズなクリームへの評価は人それぞれだろう。しかし今回の「プレミアムレアチーズロールケーキ」は先の「プレミアムチーズロールケーキ」よりもチーズ色が薄く、チーズ系のスイーツが好きな人は当然だが、そうでない人にも楽しめる一品となっている。

中央のレアチーズクリーム部分だけをスプーンに収めて食べるもよし。周囲のスポンジケーキと合わせて口に含むもよし。どちらの食べ方を選んでも、チーズのコクの素晴らしさとレモンのさわやかさが十分に堪能できる。

こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ
こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ

チーズの部分、さらに今回はピールを使うなどでさわやかさを演出していることから、価格は180円とやや高め(で先の「チーズ-」と比べて小ぶり)なのも仕方がない感はある。量を重視する傾向のある男性にはあまり好まれないかもしれないが、女性にはきっと気に入る人も多いに違いない。



100均のレアチーズケーキ【業界規模は3.3兆円! お菓子の売れ行きをグラフ化してみる】でも伝えているが、コンビニのスイーツ開発競争(とりわけ洋菓子)は、コンビニ自身だけでなく周辺小売業界、そしてお菓子業界全体にも少なからぬ影響を与え始めている。

右の写真にあるのは、ローソン系列の100円ショップ「ローソン100」で販売していた100円スイーツの一つ。プレミアムではないが、いわゆる「クリームを楽しむ」タイプのロールケーキで、名前も同じく「レアチーズケーキ」。このように多数の企業がスイーツを展開し合うことで、相乗効果が生じ、お菓子業界そのものが盛り上がりを見せる雰囲気を見せている。

「ウチカフェスイーツ」の次回作はもちろんだが、その他の洋菓子、さらには他のコンビニの類似商品にどのようなものが登場するのか。そしてそれらはコンビニの売り上げや客層にどのような変化を与えていくのか。気になるところだ。


■参考記事:
【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】
【「プレミアムロールケーキ」シリーズに夏味「レアチーズ」登場」】
【ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー