間食 6割は「小腹がすいた時」

2010/07/12 19:30

間食マイボイスコムは2010年6月24日、間食に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち間食をする人においては、65.8%が「お昼から夕食の間」、つまり「おやつタイム」に間食をしていることが分かった。一方で間食の場面としては6割が「小腹がすいた時」と回答しており、おやつの時間に限定することなく、空腹時には間食を口にする食スタイルが浸透しているようにも見える(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


「おやつ時」は65.8%
今調査は2010年6月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万3987人。男女比は46対54。年齢階層比は10代2%・20代12%・30代32%・40代32%・50歳以上22%。

【「毎日間食」女性は4割、チョコレートが大好き!】などの調査にもあるように、間食は特に女性において欠かせない食生活の一部となっている。また【江崎グリコ(2206)、ビジネスマンの勤務中における「ちょっと口休め」なおやつこと「男おやつ」が常識との調査結果】のように「男性でもおやつを食べて当然だヨ」とする風潮を啓蒙する動きもあり、【チョコレート、どんな時に口にする? 69.4%は「おやつとして」だけど……】でも触れているように「栄養補給や疲労回復のための栄養剤的な役割に期待する」面も強調されるようになっている。

今調査母体では頻度の差はあれど間食(朝昼夜の3食の食事以外)をする人は80.6%に達していた。その80.6%の人に、間食をする時間を複数回答で聞いたところ、もっとも多かった時間帯は「昼食から夕食の間」だった。いわゆる午後3時のティータイム、おやつ時だ。

↑ 間食をする時間帯(複数回答可、間食をする人限定)
↑ 間食をする時間帯(複数回答可、間食をする人限定)

うどん元々この時間帯は小腹がすく時でもあり、午後の仕事などで少々疲れが出てくる時間帯でもある。ちょっとした間食で小腹を満たし、息抜きも兼ねるというパターンが多いものと思われる。

一方で「夕食後」も4割近くの人が回答している。「深夜」が別枠で設けられていることを考えると、夕食を採った後に「家族団らんで、あるいは一人でくつろぎながら、ちょっと口元が寂しいのでスナックを口にする」という状況が想定できる。ただし「受験勉強や仕事を自宅に持参して夜半まで作業が続いており、深夜にうどんなどの軽食をとる」のは問題ないだろう。【「風邪引いたかも」と思ったら こじらせないためのひき始め対策】でも触れているが、うどんは消化の良い食品。脳の活性化にも一役買う。

場面で聞くと「おやつ時」は第三位
ではこれを時間帯では無く、場面で聞くとどのような結果が出るだろうか。

↑ 間食の場面(複数回答可、上位10位のみ抜粋)
↑ 間食の場面(複数回答可、上位10位のみ抜粋)

ティータイム意外にも「おやつ時」は30.3%で第三位に留まっている。時間帯では65.8%がおやつ時なのに、残りの3割強はどの回答に……と考えてみると、やはりトップの「小腹がすいた時」に該当するのだろう。要は「おやつ時に間食をするのは、『おやつの時間だから』ではなく、ちょうどその時に『小腹がすいたから』という人」がかなりの数に登るものと想定できる。また昼食から夕食までの間は、朝食から昼食の時間と比べて長いので、「食事と食事の間が長くあくとき」にも当てはまると考えてよい。

時間帯で「夕食後」と答えた36.9%について、「家族団らんで、あるいは一人でくつろぎながら、ちょっと口元が寂しいのでスナックを口にする」と表現したが、これに該当しそうなのが「くつろぎながら」「家族と一緒にいるとき」。一家団らんを楽しみながら、あるいは一人でテレビを観たりゲームをしながら、お菓子をつまむというのはありがちな状況だ。



「小腹がすくと間食をする」人が、間食人口の6割を占めるということは、全体比では48.4%が「食事以外の時間帯でも、お腹が少々すいたら我慢をせずに(時間を問わず)間食をしてしまう」食生活を過ごしている計算になる。

もちろん「小腹がすいたとき」と回答した人すべてが、「ちょっとでも空腹を覚えたら、お菓子をつままずにはいられない」わけではないだろう。しかし「定期的な食事のスタイルが健康的な体の源になる」「三度の食事をしっかり採ることが体にはプラスとなる」ことを考えると、少々問題のある傾向といえる。少なくとも「お菓子ばかり食べて肝心のご飯はほとんど残してしまう」という状況は個人自身も、そして子供達にも、避けるべきだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー