【更新】時間不足な夕食作りの主婦

2010/07/11 07:35

料理をする主婦【フジッコ(2908)】は2010年7月7日、既婚男女を対象にした「夕食づくりとお惣菜の活用」に関する意識調査結果を発表した。それによると調査母体のうち既婚女性においては、毎日の夕食づくりの際にもっとも「あるとうれしい」「助けてほしい」ものは「時間」であることが分かった。56.4%が同意を示している。また夕食で惣菜を購入する理由でも「時間が無い」が最多回答率を得ており、主婦の夕食作りの最大の課題は「時間問題」であることがうかがえる結果となっている([発表リリース])。

スポンサードリンク


夕食作りの主婦が一番求めているのは「時間」
今調査は2010年5月28日から30日にかけてインターネット経由で、東京都在住の既婚女性・既婚男性を対象としたもので、有効回答数は既婚男性400人・既婚女性800人。年齢階層は男性が20-50代で10歳区切りで100人ずつ、女性は専業主婦と共働き主婦が1対1で、それぞれ20-50代で100人ずつ・計800人。なお今記事では既婚女性のみが対象となっている。

既婚主婦にとって家事上の大きなミッションの一つが「夕食作り」。毎日の夕食は時間をかけて家族そろって食事が出来る、そして一日の疲れをいやせる場面でもあるだけに、作り手の責務は大きい。そんな責務を背負っている主婦にとって、夕食作りで「あるとうれしい」「助けてほしい」もの、言い換えれば普段は「足りないな」「キツイな」と感じているものは何だろうか。複数回答で選んでもらったところ、トップには「時間」がついた。約6割の56.4%が「時間を短縮したい」「時間が足りなくて……」と感じている。

↑ 毎日の夕食作りにおいて、“お助け”して欲しいものはどれですか(既婚女性対象・複数回答可)
↑ 毎日の夕食作りにおいて、“お助け”して欲しいものはどれですか(既婚女性対象・複数回答可)

トップは「時間」だが、グラフを良く見れば分かるように、上位三位はほぼ同じ値を示している。つまり「時間」以外に「お金」「品数」の3項目がほぼ同じくらい(少なくとも過半数の主婦が)夕食作りの際の悩みの種ということになる。

特に時間については、【専業主婦とパート主婦、家事時間の違いはどれくらい? 妻の家事時間をグラフ化してみる】でも触れているが、専業主婦よりも兼業主婦の方が時間は厳しい。発表資料では専業・兼業主婦別のデータは無いが、恐らくは兼業主婦の方が時間に対するニーズは強いものと思われる。

夕食で惣菜を購入する最大の理由も「時間」
時間短縮や品数の問題を解決する場合、もっとも手っ取り早いのは「惣菜」を調達すること。おかずなどの惣菜を買って帰り自宅で食べる食事スタイルを総じて「中食」と呼ぶが、「食費節約はしたいが自炊するほど料理の腕や時間が無い」という人の多くに、「中食」スタイルを好む人が増えている。【「できたてごはん」を店内調理…「ローソン神戸ほっとデリ」を全国展開】などにもあるように、コンビニでも惣菜に注力する傾向があるのも、消費者のニーズに合わせた面が大きい。

それでは夕食で惣菜を購入する理由は、とあらためて尋ねると、やはり先の「助けてほしい理由」に連動する形で、「時間が無い」が6割以上の同意を得てトップについた。

↑ あなたが夕食でお惣菜を購入する理由は?(既婚女性対象・複数回答可)
↑ あなたが夕食でお惣菜を購入する理由は?(既婚女性対象・複数回答可)

「お助け」な項目のうち「時間」「品数」に該当する二項目がそれぞれ最上位・第二位についており、「夕食作りで困っていること」を助ける存在が「お惣菜」であることがよく分かる。また「料理するのが面倒」は主婦側の怠慢(労力の問題)、という場合もあるが、「時間が無くて面倒」という状況も考えれば、半ば「時間」に該当すると考えても良いだろう。

一方で、用意する食材の分量や購入ルートまで考慮すると、「作るより惣菜を買った方が安い」場合もある。特に少量のおかずを作る時は無駄になる・残しておく食材のことを考えれば、惣菜を買った方が安い。ただし一般的には「(シンプルなおかずほど)惣菜の方が自炊よりも安上がり」という場面はさほど多くない。そのためか、「お助け」上位三項目のうち「お金・節約」に該当する「作るより安い」は、27.5%とあまり多くは無い。



料理をする主婦以前別調査機関の結果として【二大お惣菜の購入場面、「時間が無い時」あともう一つは?】を取り上げたが、こちらでも惣菜購入の最大要因は「時間が無い」だった。主婦以外もそうだが、特に主婦においては時間短縮のための必殺兵器、もっとも頼りになる存在として「惣菜」があるように見える。

元資料に詳細データは記載されていないが、主婦が夕食作りにかける時間は平均51.25分とのこと。1品目惣菜に置き換える、あるいは追加分を惣菜にすることで、どれだけ時間が短縮できるだろうか。それを考えれば、全部を惣菜にとはいわずとも、適度に利用するのは主婦の賢い知恵といえるかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー