マイケルジャクソンのページは18億ドルの価値が? Facebook国勢調査

2010/07/05 07:00

Facebookすでに【ソーシャルメディアの勝ち組FacebookとTwitter、勢い止まらず】【メールとFacebookとツイッター、企業とネット消費者を結びつける媒体の関係】などで解説しているように、ソーシャルメディアの勝ち組たるFacebookの勢いは止まらず、関連・利用する形で続々と新しいビジネスも生まれつつある。このFacebookを1つの国ととらえ、国勢調査のような形で色々な視点からデータを集めたビジュアルが、先日【The Presurfer】で紹介された。非常に興味深い内容なので、今回はこれに目を通してみることにしよう。

スポンサードリンク



↑ Facebook大陸。
↑ Facebook大陸。

・上の大陸のイラストは、大陸部分(緑)はアプリ、島(黄色)は個人や企業のファンページを意味する。

・ユーザーの70%は毎月新しいアプリを購入する。

・アプリ開発者は100万人。

・開発元のトップZyngaは2009年に2億5000万ドルを売り上げた。そのうち利益は8000万-1億5000万ドルと推定され、Facebook自身の利益以上を誇る。

・登録ユーザー数は5億人以上。2億人以上は毎日アクセスし、滞在時間は平均1日55分。

・もし仮にFacebookを利用している人が、その利用時間をFacebookに注力せずに時給5ドルで働いていたとしたら、1日あたり9億1600万ドルの収益になる(つまり逆にいえば、それだけ経済的損失が生じている概算)。

・アクティブなページは150万ページ以上。平均的な「ファン」の価値は136.38ドル。この値から概算すると、例えばマイケルジャクソンのページには1330万人のファンがいるので、その価値は18億ドルになる。

・2010年第1四半期には1760億回の広告が表示された。これは広告市場全体の16%に相当する。Facebook側曰く「2009年時点の大体4倍くらいのペース」

・Facebookが国なら、人口は中国、インドに続き三番目。

・本日のFacebookの総合的価値は79億-110億ドル。

↑ Facebookのファンの数を元にした概算価値(億ドル)。
↑ Facebookのファンの数を元にした概算価値(億ドル)。

↑ 三番目の人口を誇るFacebook大陸。
↑ 三番目の人口を誇るFacebook大陸。

上記の「Facebook大陸」の面積は何に比しているかがまったく書かれていない。恐らくは単に勢いに準じて面積を決めたものと思われるが、何となくイメージ的なものはつかみとれる。また、形としては南極大陸に似ている感もあるが、場所があえて大西洋に描かれているあたり、あるいは(既存メディアからすれば「こんな規模のメディアが登場するなど信じられない」という驚きの点では同じという意味で)幻のアトランティス大陸を模しているのかもしれない。

ソーシャルメディアの広がり実際には多数のメディアの集合体という形を取りつつあるものの、一つのメディア集合体がここまでの大きな「力」を持ったのは非常に稀有なお話。しかも有史以来はじめて「世界をミリカンマ秒で結ぶ手段」で構築されている以上、今後の成長プロセスを含め、過去の事例は参照にならない動向を見せる可能性もある。

日本にはまだ本格的な普及の動きを見せないFacebook。今後どのような展開を繰り広げることになるのか。世界規模、そして日本国内の動きが気になるところだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー