ゲームソフトランキング更新、新作ソフトの花盛り

2010/07/05 06:55

メディアクリエイトが発表した2010年6月21日-6月27日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、Xbox360用・オンライン専門版という2つの要素で非常に珍しいトップ作品となった新作ソフト『モンスターハンター フロンティア オンライン』だった。パソコン用の『モンスターハンター』シリーズのオンライン版『モンスターハンター フロンティア オンライン(MHF)』のXbox360への移植版。初心者向けに様々な高性能武器や防具、便利なアイテムセットなど各種下準備が整えられており、Xbox LIVEに接続すれば全国のハンターたちとの狩りがすぐに開始できる。パソコン版にあこがれていたけれど、パソコンを持っていなかった人には絶好のチャンス。

スポンサードリンク


第二位はこちらも新作の『ラブプラス+』が。コミュニケーションゲームとして一世を風靡した『ラブプラス』にイベント的な要素が加わった、機能拡大版のようなもの。前作からの引き継ぎ特典もあるので、前作プレイヤーはより熱中できるかも。「恋愛の疑似体験ゲーム」としては、恐らくゲーム史にその名を残すシリーズの最新作なだけに、気になる人はチェックを欠かさずに。

第三位はこれまた話題の新作『トトリのアトリエ -アーランドの錬金術師2-』がランクイン。いわゆる「育成系錬金術師のアトリエ」シリーズの最新作で、シリーズ的な位置づけとしては昨年6月にプレイステーション3用に発売された『ロロナのアトリエ -アーランドの錬金術士-』の続編的な立ち位置となる。プレイヤーは冒険者の母親を探すため、足取りを追って色々な地域を旅し、成長していくことになる。今作はどちらかといえば素材の調合よりも野外での冒険・戦闘がメインとなるため、違和感を覚える人もいるかもしれないが、「錬金術師」たる必然性は随所に織り込まれている。前作主人公のロロナも師匠として登場するあたり、ニクい演出といえる。

第四位はやはり新作の『ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story』が。名前から想像がつくように、『ときめきメモリアル』の(プレイヤーが)女性向け版。プレイヤーは一学生(女性)の立場から勉強やアルバイトを経て自分を成長させながら、多彩な男性たちと恋愛を経験していく。今作では特定の組合せにおいて、男性二人と「同時に」仲良くなる「三角関係」の可能性があり、色々な意味でリアルな修羅場、もとい状況が体験できるかも。

今回計測週では上位四タイトルがすべて初登場タイトルという、久々に新作勢ぞろいなパターンとなった。これらの中では『トトリのアトリエ -アーランドの錬金術師2-』の評判が口コミで広がっており、次週も期待できるかな、という感がある。もちろん『ラブプラス+』も注目のタイトル。一方次週はDSで人気のサッカーゲームなどいくつか注目タイトルが発売を控えており、混戦模様が予想される。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー