【更新】10代は29.5%が「幽霊やお化けを見たことある」-体調など心身との関係は?

2010/06/29 05:14

幽霊ヒューマは2010年6月28日、「幽霊やお化けを見る人・見ない人の違いについて」の調査結果を発表した。それによると調査母体においては、2割近くの人が「幽霊やお化けを見た経験がある」と回答していることが分かった。また体調や睡眠、気分の波など精神的な傾向と「幽霊やお化けを見た経験」には相関関係らしきものがあることが確認されている([発表ページ])。

スポンサードリンク


今調査は2010年3月3日から5月7日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は4733人。男女比は1115対3618で、年齢階層比は10代1.8%・20代13.1%・30代33.0%・40代31.4%・50代14.6%・60歳以上6.0%。

それが本物か否かは別として、本人が幽霊やお化けであると認識したものに遭遇、見たことがあるとする人は、全体では19.5%に達していた。中でも全体の1.2%は「良く見る」と答えている。

↑ 幽霊やお化けを見たことはありますか
↑ 幽霊やお化けを見たことはありますか

年齢階層別に見ると、全般的に若年層ほど「見た」とする回答が多いことが確認できる。

資料ではこれら「幽霊やお化け」と認識されたものが「本物」であるか否かには触れず、体調や精神の動向との関連性について各種データを提示している。箇条書きにすると、

・幽霊やお化けをよく見ると答えた人は、睡眠が規則正しい傾向

・幽霊やお化けなどをよく見る人ほど、夢を見ることが多い

・幽霊を見たことがある人は、体調を崩しやすい傾向

・幽霊やお化けなどをよく見る人ほど「かなり気分が不安定である」の回答が多い

・幽霊やお化けなどをよく見る・見たことがあるという人は、芸術への関心が高い人が多い傾向

↑ 「幽霊やお化けを見たことはありますか」の回答別・体調の良好度
↑ 「幽霊やお化けを見たことはありますか」の回答別・体調の良好度

となる。体調との関係についてグラフを生成したが、「良く見る」人は3割強が「かなり体調を崩しやすい」とし、「見たことがある人」も「体調を崩しやすい」派(赤系統のエリア)が大きめなのが分かる。

今回結果からは体調不良になりやすく、感受性の高い人ほど「幽霊やお化けを見る」傾向があることが確認できる。それらが本物なのか「幽霊やお化けを誤認してしまいがち」なのか、今回発表されたデータからだけでは分からないが、興味深い結果であることには違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー