【更新】iPhone4のリコール報道、デマと判明…元はツイッターのパロディアカウントから

2010/06/28 13:00

iPhone4先日イギリスの大衆紙Daily Mailが「iPhone 4がリコール対象となるかもしれない。AppleのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏がツイッターで語った」と報じた件について、これがジョブズ氏のパロディアカウントによるもので、現状ではリコール関連問題は一切起きていないことが明らかになった。【Mashable】によれば「ツイッターで何か言われていたとしても、iPhone 4 には何の問題も見当たらない(There’s No iPhone 4 Recall, No Matter What Twitter Says)」とのことである。

スポンサードリンク


↑ 該当する発言。もちろん事実ではない
↑ 該当する発言。もちろん事実ではない

今件はツイッター上におけるスティーブ・ジョブズ氏のパロディアカウント[ceoSteveJobs]が[「新しいiPhoneをリコールしければならないかもしれない。予想しなかった事態だ」]と語ったことに起因するもの。これを観たDaily Mail側が「本物の」ジョブズ氏の発言と勘違いし、「ジョブズ氏いわく、iPhone 4 をリコールしなければならないかもしれない(Apple iPhone 4 may be recalled, says Steve Jobs.)」というタイトルで以下の記事を掲載。

話題沸騰のiPhone4がリコールされるかもしれない。昨晩、Appleのトップ、スティーブジョブズ氏が語った。(The much-vaunted new iPhone 4 may be recalled, Apple boss Steve Jobs revealed last night.)

氏はツイッター上で「‘We may have to recall the new iPhone. This I did not expect.’」と投稿し、今件について明らかにした(Posting a message on the social networking site Twitter, the tycoon said: ‘We may have to recall the new iPhone. This I did not expect.’)

(以下略)

このニュースが伝聞、あるいは各種ポータルサイト経由で配信され、噂として広まった次第。当然事実無根の話である。

なおこの「ジョブズ氏」がニセモノであり、発言内容も真実でないことがMashableなどから指摘され、ミスに気がついたのか、現在ではDaily Mail上の記事は削除されている。もちろん現時点で本物のジョブズ氏はiPhone 4 に関するリコールには言及していないし、リコール云々の話も無い。

Mashableでは「パロディであることは”ジョブズ氏”のプロフィールを見ればすぐに分かるのに、どうしてこんなミスをしでかしたのかな」と皮肉っぽく記事をしめている。

■関連記事:
【新 iPhoneのリコールはデマでござるの巻】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー