夫婦別姓賛成派4割強、反対派は過半数(2014年)(最新)

2014/09/06 14:00

国立社会保障・人口問題研究所は2014年8月8日、5年おきに調査を実施している全国家庭調査動向調査の第5回目となる調査結果を発表した。家庭機能の変化・動向などを推し量れるデータが豊富に掲載されており、興味深い内容となっている。今回はその結果内容から、「夫婦における別姓の是非」について状況を確認し、精査を行うことにする(【発表リリース:全国家庭動向調査】)。

スポンサードリンク


今調査は家庭機能の変化の動向や要因を正確に把握するため、家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態を明らかにすることを目的としており、今回は2013年に調査票を配布、同年7月1日時点についての事実の記入をしてもらい、回収した結果を集計したもの。有効回答票数は1万1180票で、今件はそのうち有配偶の妻(つまり夫がいる妻)が回答した6409票を分析対象としている。妻の年齢区分は29歳以下3.5%・30代15.2%・40代21.9%・50代22.0%・60代23.1%・70歳以上14.4%。

日本国の法律においては、結婚をした夫婦は同じ氏(姓)を選択することを義務付けている(民法750条)。ただし夫婦同姓に対する異論に関しては1970年代から一部で異論が唱えられており、1996年の法制審答申以降は何度となく民法の該当部分を改正する案が提出されている。夫婦別姓案に賛成派の意見としては「同姓義務は差別だ」「氏を変えられた側が変わった側の実家に組み入れられるようで不快」「他国がそうだから」、反対派としては「別姓制度にしなければならない切実な理由が無い」「家族の絆を弱め社会制度を脆弱化させる」など、まさに水掛け論状態にある(【法務省:選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について】)。現在では一つの手法として、戸籍上は法に基づき婚姻時に同じ姓で登録するが、通称として日常生活の上で別姓を用いる切り口も用いられている(但し法的要件が必要な際には、その別姓は使えない。いわば俗称、ペンネームのような扱いである)。

今件「夫婦の別姓を許すか否か」との問題について、全国家庭調査動向調査では第1回から聞き取り対象項目として取り上げている。その5回分の回答結果をまとめたのが次のグラフ。

↑ 夫、妻とも別姓であっても良い
↑ 夫、妻とも別姓であっても良い

「別姓であって”も”」良い、つまり選択肢の一つとして別姓を用意するものの、これまで通り同姓を選ぶのも一向に問題は無いとする状況について、良いか否かを聞いたものだが、賛成派は4割強となっている。一方で反対派は過半数に達している。過去4回分の調査では第3回まで少しずつ賛成派が増加する傾向にあったが、それより後の調査では反対派が増加する動きを示している。

直近2回分の調査結果の動向を確認すると、弱い賛成派が大きく減り、強い反対派・弱い反対派が共にそれなりに増加を示している。1993年から2003年に渡る、スピード感のある別姓賛成派の増加傾向と比べると緩やかではあるが、確実に別姓反対派が切り替えしの動きを示しているのが見て取れる。特に弱い反対派は5回の調査の中でも最大の値を示しており、明確な理由、意志のもとでは無く、雰囲気的なレベルでの反対意向を持つ人が増えていることを示唆する動きといえる。

賛否両論ある中でいずれの主張内容も正しいように思えるものの、それを立証する手立ては無く、多分に各主張の論旨者の思惑が強いこともあり(つまり「自分がそう思うから、そうなってほしいから、正しいに決まっている」的な意見)、どちらの主張が正しいのか、社会正義にかなっているのかの判断はともかくとして。世の中の仕組みを大きく、しかも短期的では無く中長期的に、さらに見た目だけでなく心理的な面(大人同士だけでなく子供達においても)でも変え得る「制度の変更」において、4割程度の賛成、反対派が過半数という状況であるのならば、十分な下地は整っていない・改正すべきである裏付けが論議されつくされていないと考えられる。引き続き慎重かつ有意義で、感情論では無い、論理的な議論が必要になることは言うまでもあるまい。


■関連記事:
【「夫婦で名字が異なる場合、その子供にマイナスの影響がある」2/3が懸念】
【「夫婦異名字OK」で子供が二人いた場合、それぞれ別の名字をつけても良い? ダメ?!】
【「夫婦別姓選択」反対派、賛成派をわずかに上回る】
【「夫婦別姓選択」意向の世代間ギャップをもう少し詳しく調べてみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー