いつもはクレカと一緒に財布にしまえる電球カード型ポケットライト

2010/06/17 04:56

doulex 電球型ポケットライト以前、単に飛び出すだけでなく本当に照明として使えるスタンドを【明かりも灯せる飛び出す絵本】で紹介したが、それを読んだ方から「こんなものもあるよ」という、ある奇抜なアイテムの紹介を受けた。第一印象は「何これオモロイ」、そして「……え、どうやって明りが点くの?」そして理屈が分かると「あ、なるほど!」と色々と楽しませてくれるものだった。今回はこの『doulex 電球型ポケットライト』を紹介することにしよう。

スポンサードリンク


↑ doulex 電球型ポケットライト
↑ doulex 電球型ポケットライト

これはカードタイプの携帯型ポケットライト。サイズは86×53×3ミリ・重量12グラムで、ほぼ名刺やクレジットカードと同サイズ。普段は専用のケースなりそのまま直にクレジットカードや名刺と同様に財布などに収納しておき、必要な時に取り出せる。

使う時は真中の(一見、何も無いかのように見えるが)透明な電球部分を持ち上げる。本体と90度くらいの角度になるように起こすとスイッチが入り、内部のLEDライト2つが点灯。平たい白熱電球のような形となり、周囲を照らしてくれる。

↑ 明るさはこんな感じ。手元を照らすにはこれで十分
↑ 明るさはこんな感じ。手元を照らすにはこれで十分

↑ 何も無いように見える部分は、ちゃんと平たい電球のようになっている。内部にLEDライトが2つ入っていて、基部から電源用のボタン電池を入れる
↑ 何も無いように見える部分は、ちゃんと平たい電球のようになっている。内部にLEDライトが2つ入っていて、基部から電源用のボタン電池を入れる

本物の電球ほど明るくは無いけれども、手元を照らすにはこれで十分。「電源はどこに? 手品みたいじゃん!?」と思う人もいるかもしれないが、上の写真のように電球の形をした部分の基部からボタン電池が入るようになっていて、この電池を電源として使う。なお、ボタン電池1つで連続30時間ほど使えるそうな。

ガチャガチャの景品や子供向けの玩具だと電池が内部に組み込まれ、本体も合わせて使いきりのものが多い。しかしこの「doulex 電球型ポケットライト」ならばボタン電池はすぐに取り換えられるので、何回でも入れ替えて使用できる。

発光部分の色は同じだが、周囲のケース部分が色々と用意されている。「いざ」という時のために自分の好きな色を調達し、ポケットに忍ばせておくと何かあった時に役に立つに違いない。また、話のネタ用のアイテムとしても使えよう。

■購入レポート(動画付き):
【電球カード型ポケットライト】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー