タマまでレゴなレゴ製スナイパーライフル

2010/06/12 12:00

レゴなスナイパーライフル以前【装てん輪ゴム数504本! 究極の輪ゴム銃は日本製】【フルメタル・輪ゴム銃を持つ男】などで、輪ゴム鉄砲を大人の遊びに変身させた人たちのことを紹介した。子供のおもちゃも大人が本気になって取り組むと、素晴らしい芸術作品や高度な工芸品になりうるという好例だ。先日目に留まったものは、それらの系統における「大人が本気を出して創ったおもちゃ」の海外版。海外の「おもちゃ」となればレゴがまず頭に思い浮かぶが、そのレゴでスナイパーライフル(狙撃銃)を作ったというもの。「なんだ、レゴでスナイパーライフルの形をした輪ゴム鉄砲か」と想像するだろうが、これはさらに一歩先へ突っ走った一丁である(【トリガー記事:NEATORAMA】)。

スポンサードリンク



↑ Lee Enfield Bolt Action Sniper Rifle。
↑ Lee Enfield Bolt Action Sniper Rifle。

これはレゴでライフル本体を作ったのみならず、「弾丸までレゴブロック」なスナイパーライフル。動力は見てお分かりの通り「輪ゴム」。ある意味「輪ゴム鉄砲」で間違いないが、これまで紹介したものが「輪ゴムの伸び縮みで輪ゴムそのものが飛んでいく」ものだったのに対し、今回のは「輪ゴムの伸び縮みを利用してレゴを飛ばしていく」もの。動力機構がより複雑なものになるのは必至で、それだけでも「よくぞここまで」と感心させられる。

製作者のサイト(英語)に目を通すと、

・これまで作った銃の中で最高のライフル
・本物のボルトアクションタイプの銃(ボルトレバーを引いて押し出すたびに新しい弾が装てんされる)同様に、レバーを引くとレゴの弾が装てんされる
・銃身の先につけて安定させるスタンドは折り畳み、分離が可能
・スコープ部分はレゴの構造の関係から少々ズレが生じている
・稼働機構は実はかなり単純で、滅多な事ではジャムらない(どこかに引っかかって動作不能にならない)

などの記述が確認できる。元となった銃は「リー・エンフィールド スナイパーライフル」というイギリスの狙撃銃で、性能は今一つのところがあったが長きに渡って愛用され、イギリスではいまだに好んでこの銃を使う人がいるという(【同銃の詳細はこちらを:Shooting Tips】)。

製作者本人は「単純な機構」と謙遜しているが、ちゃんとレゴでマガジンケース(銃弾を入れるケース)を創り、さらにそのマガジンケースにレゴを銃弾として押し込ませ、それをライフル本体に差し込んで作動させるだけでも、開いた口がふさがらないほどの驚き。


↑ マガジンケース差し込み部分とボルトアクションの部分。見た目を似せただけでなく、本物同様に動作するのだから腰が抜ける
↑ マガジンケース差し込み部分とボルトアクションの部分。見た目を似せただけでなく、本物同様に動作するのだから腰が抜ける

この作者は他にも、ゲームに登場した銃や本物の銃を元にした、レゴ製の銃を大量に制作している。ただ単に見た目をそっくりに作り上げただけのものもあるが、今回のように可動式のも多数確認できる。


↑ 共産圏の銃としてもっとも有名なAK-47。こちらもレゴ弾丸を発射可能。
↑ 共産圏の銃としてもっとも有名なAK-47。こちらもレゴ弾丸を発射可能。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるが、この作者は銃とレゴの双方をこよなく愛しているに違いない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー