単身者は22%も! 一年中洗濯ものの室内干ししてますか?

2010/05/30 12:00

室内干し【東京電力(9501)】は2010年5月25日、梅雨の際の洗濯や乾燥の実態に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、1年を通して室内干しをしている人は全体の8%に達していることが分かった。室内干しをする理由については、1/3強の人が「日中は外出している」「花粉やほこり対策」を挙げている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年5月10日から11日にかけて、東京電力サービス区域内に住む20-60代の男女に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2060人。男女比は1対1。家族構成は単身369人・夫婦463人・夫婦と子供831人・3世代155人など。

洗濯ものは通常乾きやすい屋外で干すものだが、さまざまな理由で室内干しを余儀なくされる場合もある。さらに事情によっては常に室内干しをしている人もいるだろう。年中室内干しをしているか否かについて尋ねたところ、全体では8%の人が該当した。

↑ 一年を通じて室内干しのみの人
↑ 一年を通じて室内干しのみの人

ある程度想像はつくが、やはり単身者の「年中室内干し」者は極めて多い。5人に1人以上が「洗濯ものは一年ずっと室内で干す」と回答している。ではなぜ屋外では無く、室内で洗濯物を乾かす必要があるのか。該当者に複数回答で聞いたところ、もっとも多い回答は「日中は外出している(ため、防犯や雨が降って来た時の対応が出来ないから)」「花粉やほこりなどがつかないように」でそれぞれ37%を占めていた。

↑ なぜ一年中室内干しなのか(複数回答、一年中室内干しの人限定)
↑ なぜ一年中室内干しなのか(複数回答、一年中室内干しの人限定)

「日中は外出している(ため、防犯や雨が降って来た時の対応が出来ないから)」は一人暮らし、あるいは自宅に誰もいない時間帯が長い人限定だが、「花粉やほこりなどがつかないように」は自宅の環境次第で、家族構成を問わず理由となりうる。

また、第二位以降も「干す場所が狭い・無い」「排気ガスなどで汚れないように」「日当たりが悪い」など「環境的な問題」が目立つ。この理由については、自身が引っ越すか、あるいは道路が移転するなどの理由でしか屋外干しが出来るようにならないため、「室内干しが宿命づけられている」と考えることもできる。

室内干しをしなければならない理由さえなければ、誰もが屋外で洗濯ものを干したい。しかしそれを妨げる理由は多種多様で、なかなか解決できるものではない。さりとて室内で長時間洗濯ものを干しっぱなしにするというのも、目ざわり・邪魔などのデメリットは少なくない。乾燥器を使うなどして、できるだけ室内干しの時間を短くしたいものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー