脳卒中の主な兆候・症状とは

2010/05/23 08:00

めまい日本人の三大死因としてよく知られている病症は「がん」「心臓病(心疾患)」「脳卒中(脳血管疾患)」。最近では特に「がん」による著名人の訃報(ふほう)を耳にするが、他の病症が根絶されたわけではない。【Healthy Women organization】では【HealthDay】を介し、脳卒中(の兆候)の症状として次のような事例を挙げている。

スポンサードリンク


・突然話すことが困難になる。または話を理解することが難しくなったり混乱が見られる。

・突然手足の感覚がまひしたり脱力感を覚える。特に右なら右側だけというように片側だけに生じる。

・顔の片側に突然脱力感を覚える。

・歩いていて突然平衡感覚を失ったり、めまいを覚えたり、歩行が困難になる。

・片眼、あるいは両眼が突然見え難くなる。

・突然激しい頭痛が襲う。

(他に元資料をたどると「吐き気」「視界のゆがみやぶれ」などがある)

もちろんこれらの症状が100%脳卒中に起因するものではなく、逆にこれらの症状が無ければ脳卒中のリスクが無いわけでもない。

元記事によると、アメリカの25-75歳の女性2000人を対象にしたオンライン経由の調査で、「脳卒中の主な症状を2つ以上挙げられるのは4人に1人程度でしかない」ことが挙げられている(日本も状況はさほど変わらないはず)。知識として知っておくことで、役に立つ機会もあるかもしれない。少なくともちょっとした安心感は得られるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー