【更新】子供をスポーツクラブなどに参加する時に確認すべき事柄とは

2010/05/31 06:58

スポーツクラブ【子供の夢、男の子は「サッカー選手」女の子は「お菓子屋・パティシエ」……就きたい職業との違いは?】にもあるようにサッカーや野球のプロ選手は男の子にとって夢の職業。そして【幼児の習い事、男の子は「水泳」・女の子は「音楽」がトップ】などにもある通り、子供がサッカーなどの習い事や地域のスポーツグループに参加することもよくある話。小児の健康医療サービスを提供する非営利団体【ヌムール財団(The Nemours Foundation)】【HealthDay】を介し、子供をチームスポーツに(例えば地域のスポーツクラブなどへ)参加させる前に、次の事柄について確認することを勧めている。

スポンサードリンク


・スポーツに参加することで、家族と過ごす時間や宿題をする時間、そして子供自身がリラックスできる時間がどれだけ削られるについて検証する。

・スポーツに参加することで、子供本人以外の家族にどのような影響があるかを考える。

・(親による)子供の送迎、スケジュールの調整がうまく行えるかを検証する。特に複数の子供がスポーツに参加する場合は、スケジュール調整を念入りに調べる。
(※例えば複数の子供が同じスポーツクラブに所属することになった場合、行くクラブは同じでも、クラスや学年が違えば学校が終わる時間が異なるため、送迎のスケジュール調整が難しくなる。子供達自らがクラブに行き来出来るのなら、その点はある程度楽になるが)

・子供が参加するスポーツのグループにボランティアとして手助けをすることを検討する。ボランティア活動の大切さを教えるだけでなく、(スポーツクラブの活動で)子供と共に有意義な時間を過ごせることができる。

ゴルフや相撲などの個人競技は別として、サッカーや野球のようなチームスポーツに子供を参加させることで、定期的な運動の機会を与えるだけでなく、他人との関わり合いや集団行動の意義・楽しさを経験として得させることが出来る。非常に有意義な話ではあるのだが、今回リストアップされた要件のように、色々と考えるべき事柄は存在する。

子供本人や家族に過度の負担をかけたのでは、子供にチームスポーツへの参加の機会を与えても、デメリットの方が多くなってしまう可能性がある。今回のチェックリストを元に(可能なら親子一緒に)検証した上で、参加させるか否かを決めるべきだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー