ローソンの「プレミアム宇治抹茶ロールケーキ」

2010/05/19 12:00

ローソンの「プレミアム宇治抹茶ロールケーキ」Garbage Shot」第百二十九回。今回は[ローソン(2651)]が2010年5月18日から発売を開始した、スイーツ新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」の「プレミアム宇治抹茶ロールケーキ」。「驚きの商品開発プロジェクト」シリーズでは【「プレミアムチーズロールケーキ」】に続く、【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】で紹介した定番商品「プレミアムロールケーキ」の派生商品となる(参考記事:【ローソン、プレミアムロールケーキシリーズでは初の和風味「宇治抹茶ロールケーキ」を発売】【ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一】)。

スポンサードリンク


今回も、いつも利用している自宅近所のローソン某店に……ではなく、今回は諸事情からちょっと離れた場所にあるローソンに足を運び、該当商品の調達。朝一ではまだ陳列していなかったが、夕方再度来訪すると、対象商品「プレミアム宇治抹茶ロールケーキ」を確認。店舗独自のPOPと共にずらりと並んでいた。緑色が非常に映える。

「宇治抹茶ロールケーキ」。下には謎のピーナッツシュークリームも
↑ 「宇治抹茶ロールケーキ」。下には謎のピーナッツシュークリームも

早速写真撮影用・予備などを考慮し、複数を買物かごに収めてレジで清算。アルバイトのレジ打ち店員が素人だったのか、入れてくれたスプーンが大きめのカレースプーンで当方涙目(笑)。

それはともかく、自宅に戻り、早速袋から商品を取り出してみる。

「宇治抹茶ロールケーキ」
「宇治抹茶ロールケーキ」

スペックは、重量が正味76グラム、厚さ23ミリ・直径85ミリ、周辺のスポンジケーキ部分の厚み1.2ミリ。このあたりは「プレミアムロールケーキ」とほぼ変わらない……いやむしろちょっとだけミニサイズ化した感がある。カロリーは272Kcal、脂質20.1グラム、ナトリウム40mgと、先の「チーズケーキ」と比べるとナトリウムがかなり少ないのが分かる。製造元はやはり同じく【コスモフーズ】【商品一覧】を見ると、すでに「宇治抹茶ロールケーキ」の姿が確認できる。いわく、

抹茶の持つ苦みとクリームの口溶けにこだわったロールケーキです。辻利一本店抹茶を、生地とクリームに配合した苦みが特徴のロールケーキです。生地に和三盆糖を配合し抹茶に合う甘さにしています。

とのこと。

袋を開けて中身を取り出すと、容器の中にさらに薄いビニール製のカップが用意されており、その中にくだんの「宇治抹茶ロールケーキ」が鎮座している。先の「チーズケーキ」のような強めのでは無く、ほのかに優しい植物系の香りが鼻をくすぐる。

100円ショップやスーパーなどで普通に売っているロールケーキは、あくまでもスポンジケーキがメイン。クリームは巻かれたケーキの間に入っている「つなぎ」のようなイメージでしかない。しかしこの「宇治抹茶ロールケーキ」は「プレミアムロールケーキ」同様、ロールケーキと表現するより、「スポンジケーキで包んだたっぷりの抹茶クリーム」という言い回しの方がしっくりくる。それだけクリームの圧倒感が強い。ただし一部で指摘のあったように「巻いていないのにロール(巻く)ケーキとはこれいかに」という禅問答が頭に浮かんでしまう。美味しければどちらでもOK。

「宇治抹茶ロールケーキ」を上と下から眺めてみる
「宇治抹茶ロールケーキ」を上と下から眺めてみる

念のため下からのぞいてみたが、底までぎっしりと抹茶クリームが詰まっている。

肝心の味わい。第一報で「抹茶系特有のスイーツならではの、独特な甘苦さ」のような表現をしたが、それが存分に堪能できる品となっている。チョコやチーズのような洋風系の甘味だと、やもすると「こってり感」の甘さがベースとなるクリームとかちあってしまったり、あるいは相乗効果を生み出すにしてもそれが「くどい」と感じるかもしれない。しかし今回の宇治抹茶ロールケーキ」では、抹茶の上品な苦さと上質のクリームの甘さが絶妙に手を取りあい、口の中で軽やかなダンスを踊る。スポンジケーキ部分もクリーム部分も素敵だが、特にクリーム部分はまるでムースのような食感ですらある。

こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ
こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ(スプーンは手持ちのを利用)

抹茶のコストなどもあるせいか、価格は180円とこれまでのシリーズに比べてやや高め(チーズロールケーキと同じ)なのも納得がいく。量を重視する傾向のある男性にはあまり好まれないかもしれないが、女性にはきっと気に入る人も多いに違いない(個人的にはあっさり感もあり、先のチーズロールケーキよりこちらの方が好み)。抹茶が嫌いな人はともかく、抵抗感の無い人は是非一度お試しあれ。



先に【去年積極的に節約をした人65.3%、今年はスイーツやたばこがターゲット??】でお伝えしたように、たばこや通信費、公共料金などと共にスイーツ(洋菓子)の類が節約強化対象となる傾向が見受けられる。一方でコンビニでは女性客の客単価を底上げするため、今回の「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」シリーズをはじめとしてスイーツに注力している。特にローソンの「プレミアムロールケーキ」シリーズは、コンビニ大手から相次いで類似ロールケーキが展開されるほど、大きな影響を市場に与えている。

「ウチカフェスイーツ」の次回作はもちろんだが(イチゴやメロンあたりが来そうな気がする)、その他の洋菓子、さらには他のコンビニの類似商品にどのようなものが登場するのか。そしてそれらはコンビニの売り上げや客層にどのような変化を与えていくのか。今後が気になるところだ。


■参考記事:
【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】
【ローソン、プレミアムロールケーキシリーズでは初の和風味「宇治抹茶ロールケーキ」を発売】
【ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー