子供も喜んで片付けをしてくれそうな家具達

2010/05/21 19:30

ゲームの世界な家具保育園ではよく見かける情景だが、子供はもちろん大人でも、自分の普段の生活の中にゲームのシーンが取り込まれていたら、何となく嬉しくなるというもの。【「マリオと一緒にゲームをしている気分になれる部屋」が創れるステッカーたち】のゲームキャラクタを使った壁紙が好例で、夢あふれる世界を構築してくれる。今回紹介するのもその類のアイテムで、恐らくは世界でもっとも知名度の高い兄弟として知られている[任天堂(7974)]のゲームキャラクタ「マリオ」「ルイージ」らが活躍する『スーパーマリオブラザーズ』を題材にした小物入れ用の家具たち。「これはうちにも一つ欲しいナ」と思う人も多いに違いない(【SPOTLOGHT】)。

スポンサードリンク


↑ 叩くと出てくるコインは自分でしまっておきましょう、的な「スーパーマリオのステージ」ライクの棚たち
↑ 叩くと出てくるコインは自分でしまっておきましょう、的な「スーパーマリオのステージ」ライクの棚たち

これはドイツの機械工学科の大学生Neatoramanaut Dennis氏とそのガールフレンドでゲーム好きなJudith嬢が創った小物れ用の棚。『スーパーマリオ』のステージを想像させる板に、複数のレンガ模様をした直方体の箱を取りつけ、まさに『スーパーマリオ』の一番最初の面(ある意味、世界で一番有名な横スクロールアクションゲームの面こと、ステージ1-1)を模した家具になっている。

↑ 叩くとコインが出てくる「ハテナマーク付きのブロック」はフタ付き。何を入れようかな
↑ 叩くとコインが出てくる「ハテナマーク付きのブロック」はフタ付き。何を入れようかな

ゲーム中では叩くとコインが出てくる「ハテナマーク付きのブロック」は、そのハテナマークがそのまま棚のフタ代わりとなっている。棚の上に乗っているマリオ・ルイージの人形のように半ば展示したい、外見を見せたいものは普通のレンガブロックの棚に、あまり見てくれのよくないものはフタつきの棚に入れるという次第。

↑ 「あの土管」もケータイなどの充電機を置く場所に早変わり
↑ 「あの土管」もケータイなどの充電機を置く場所に早変わり

「この棚があるのならあの土管も……」ということで用意されたのが、携帯電話たちを置くスペースとしてい用意された土管。これ単独でも「あ、マリオのアレだ」と分かるくらい良く出来ている。元記事によるとゲーム好きなJudith嬢は現在第二弾として「クッパをテーマにした棚」を制作中とのこと。是非とも見てみたいものだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー