ソーシャルメディアの勝ち組FacebookとTwitter、勢い止まらず

2010/05/08 19:30

FacebookとTwitter(ツイッター)日本でもmixiやGREE、そしてツイッターなどのようなソーシャルメディアが注目を集め、多くの人の時間を奪っているのはご承知の通りだが、海外ではその主軸として注目を集めているがFacebookとTwitter(ツイッター)。【携帯電話やスマートフォンでのSNS利用が急増中・モバイルで変化するアメリカのSNS事情】などのデータを見れば、両者がソーシャルメディアの中でも勝ち組に属することは明らか。先日ニールセンから発表された【「Facebook and Twitter Post Large Year over Year Gains in Unique Users」】でも、その現状が改めて認識できる。

スポンサードリンク


次のデータはアメリカに限ったものだが、2008年-2010年における、それぞれ3月時点での主要ソーシャルメディア(ソーシャルネットワーク)のユニークユーザー数をグラフにしたもの。一時は肩を並べていたMyspace.comが漸減しているのに対し、Facebookは勢いが止まらない状態。そして絶対数こそまだ少ないものの、ツイッターが急速に伸びているのも見て取れる。

↑ 主要ソーシャルメディアのユニークユーザー数(各年3月時点、米、職場・自宅合わせて、万人)
↑ 主要ソーシャルメディアのユニークユーザー数(各年3月時点、米、職場・自宅合わせて、万人)

ちまたでは猫も杓子も「ソーシャルメディア」だが、実際にはFacebookとツイッターの2軸で勢いが形成されているのが分かる。

単に参加者数が増えているだけではなく、参加者一人一人の利用性向も濃いものとなっているのが、これらの「動き」の特徴。具体的には「総滞在時間」「一人当たりの利用時間」などが増加している。

↑ ソーシャルメディア全体の利用者数や利用時間、一人当たりの利用時間(職場・自宅合わせて、一か月あたり、各年3月時点)(世界全体)
↑ ソーシャルメディア全体の利用者数や利用時間、一人当たりの利用時間(職場・自宅合わせて、一か月あたり、各年3月時点)(世界全体)

これでは分かりづらいので、2008年3月時点のそれぞれの項目を1.00とした場合の伸び率を算出してグラフ化したのが次の図。

↑ ソーシャルメディア全体の利用者数や利用時間、一人当たりの利用時間(職場・自宅合わせて、一か月あたり、各年3月時点)(2008年3月の値を1.00とした場合)(世界全体)
↑ ソーシャルメディア全体の利用者数や利用時間、一人当たりの利用時間(職場・自宅合わせて、一か月あたり、各年3月時点)(2008年3月の値を1.00とした場合)(世界全体)

ソーシャルメディアの利用時間は
この1年で総計約2倍、一人頭で7割ほど
増加している
ユニークユーザー数と総利用時間が同じ伸びなら「単に頭数が増えただけでは」となる。しかしユニークユーザー数以上に総利用時間が伸びており、当然一人当たりの利用時間も増加。2年前と比べて直近データでは実に2.7倍もの利用時間を見せている。媒体全体として考えた場合、総利用時間はこの1年だけで約2倍、一人頭で算出しても約7割ほど増しという値は、驚異的としか言いようがない。

これは【iPhoneユーザーの28%は朝起きたら「ベッドから出る前にツイッターやFacebookのチェック」!?】などのように「更新が待ち遠しくてついつい何度もアクセスしてしまう」「病みつきになる」人が増えていることや、ソーシャルメディアで展開されるさまざまなイベント・機能(例えばソーシャルゲーム)などに多くの人が注力しているのが原因と思われる。

インターネットのサービスでは特に「集中化」「寡占化」が進む傾向がある。今後各種サイトやサービスはますますFacebookとTwitter(ツイッター)への対策に力を入れるようになるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー