ゲームソフトランキング更新、話題の新作勢ぞろい

2010/05/10 06:25

メディアクリエイトが発表した2010年4月26日-5月2日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのはスクウェア・エニックスの新作、『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』だった。『ドラクエ』シリーズのモンスターたちを仲間にし、さらに育成や配合を繰り返しながら強いモンスターを生成していくという、競走馬育成シミュレーションゲームのようなタイトル。登場モンスター数は300種類を超え、特異な種類の出現も数多く報告されている。育てたモンスターでチームを編成し、Wi-Fiコネクションで対戦も可能。すれちがい対戦も当然装備。初週発売数は50万本をはるかに超え、売れ行きも極めて堅調。ミリオンセラーも夢ではない。

スポンサードリンク


第二位はこちらも人気シリーズの最新作『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』が。かの小島秀夫先生が監督・脚本・ゲームデザインを手掛ける、「メタルギア」シリーズの正統続編。「4」の製作スタッフによるもので、携帯ゲーム機としては最強レベルの出来を自負している。「3」の10年後、南米を舞台に主人公スネークの新たな物語が描かれる。シリーズ初の協力プレイシステム「CO-OPS」(仲間同士で武器の貸し借り、弾薬の補給ができる)など見どころも多い。こちらも初週で40万本を超えるセールスを見せ、ハーフミリオンはほぼ確実。

第三位はこれまた人気シリーズの新作『スーパーストリートファイターIV(PS3)』が。『ストリートファイターIV』に、新キャラクタ・ゲームモード・ステージなどを追加したもの。各シリーズの作品から有名どころ、さらにはオリジナルキャラクタも登場する贅沢三昧モード。ウルトラコンポも各キャラクタ毎に2つずつに増え、対戦前に選択可能。初週評価もなかなかのもので、次週以降も期待できる。

第四位は定番の『ニュー・スーパーマリオブラザーズWii』が。他の新作に押されて本数を減らすかと思いきや、今回計測週では4万本を超える売り上げが。いったいどこまで売り上げは伸びていくのだろうか。

今回計測週では何といっても『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』が一押し。『「マックでDS」に「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」が登場・はぐれメタルなどのレアモンスターも配信』にもあるようにマクドナルドとの連動キャンペーンも始まることだし、しばらくは上位をキープし続けるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー