手作りしたいもの、お弁当、家庭菜園、手芸、そしてトップには……

2010/05/07 19:30

手作りお菓子マイボイスコムは2010年4月26日、手作りに関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち直近一年間で手作りをしている人において、手作りをした理由としてもっとも多かったのは「安上がりだから」だった。次いで「手作りそのものが楽しい」が上位につき、この2要素が主な理由となっている。また今後手作りしたい品物としては「お菓子」が41.2%で最上位についた。「お弁当」「パン」などの上位陣とあわせ、手作りは「食べ物系」に人気が集まっているようだ(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年4月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万3708人。男女比は46対54で、年齢階層比は10代1%・20代12%・30代33%・40代31%・50歳以上22%。

過去一年間にプライベートで何か手作りをしたことがある人は70.8%。その人たちに、「直近で手作りした」ものについて、どうして手作りしたのかを複数回答で尋ねたところ、最多回答としては「既製品より安上がりだから」が挙げられた。35.5%の人が回答している。

↑ 直近で手作りしたものについて、理由としてあてはまるもの(過去一年に手作りした人限定、複数回答)
↑ 直近で手作りしたものについて、理由としてあてはまるもの(過去一年に手作りした人限定、複数回答)

【OLの外食率は意外に低め、人気が高い持参弁当】などにもあるが、食費節約のためお弁当を持参する人が増えている。「安上がりだから」という理由も「お弁当持参」と浅からぬ関係があると容易に想像がつく。実際、同調査別項目では43.5%の人が「過去一年間に弁当を手作りしたことがある」と回答している。

上位項目をざっと見ると「安上がり」「自分によく合う」「材料を有効活用」などのコストパフォーマンス的な面と、「楽しい」「相手を喜ばせたい」などの心理的な面の効用を期待するという、二つの面から手作りを行っていることが分かる。時間と手間がかかる、失敗するかもしれないなどのデメリットも否定できないが、これらの効用は無視できまい。

それでは今後、どのようなものを手作りしたいか。複数回答で尋ねたところ、トップには「お菓子」がついた。4割強の人が「お菓子を手作りしたい」と答えている。

↑ 今後、あなたはどのようなものを手作りしたいと思いますか。あてはまるものをすべてお選びください(複数回答)
↑ 今後、あなたはどのようなものを手作りしたいと思いますか。あてはまるものをすべてお選びください(複数回答)

家族で料理お菓子ならばお弁当などよりも手軽で、何よりも自分が好きなものを創ることができる。味付けやトッピングも自分の思うがまま。興味が沸くのも当然だろう。一方で定年退職後の人たちに人気が高い「家庭菜園」「日曜大工」「そば・うどんなどの麺」も上位に顔を見せており、チャレンジ精神をうかがえる。

興味深いのは「手作りしたいと思うものはない」という回答。回答率が20.1%なのだが、これは「過去一年間にプライベートで何か手作りをしたことが無い人」の29.1%と比べると9.0ポイントほど少ない。新たに手作りの世界に飛び込もうとしている人が1割近くいる計算になる。

すべての物事を手作りで済ます必要はないが、手作りの良いところを知ることで、出来上がった品物自身だけでなく色々な事を会得できる。自分自身一人で、そして家族で手作りをすれば、楽しさも倍増。【子供に安心して任せられる5つの料理法】にもあるように、情緒教育にもプラスとなるのだから、試さない手はないだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー