「タスポ効果」の反動が…コンビニエンスストアの商品構成別売上推移をグラフ化してみる(2010年5月更新)

2010/05/06 12:05

コンビニ以前【「タスポ効果」が一目瞭然・コンビニエンスストアの商品構成別売上推移をグラフ化してみる】でコンビニ(コンビニエンスストア)の売り上げ動向をチェックしたが、今回はそのデータを更新する。いわゆる「タスポ効果」も現在は反動を受けている状態にある中で、さらに景気後退や利用年齢階層の変化を受け、売り上げにどのような変化が生じたか。「たばこ」が属する「非食品」項目に注意しながら、商品構成別売り上げ推移をグラフ化してみることにしよう。

スポンサードリンク


使うデータは【経済産業省の商業動態統計調査】のもの。ここから【統計表一覧】を選び、コンビニ販売額について2009年までは時系列データを、2010年以降は確報・速報のデータを抽出。現時点で2010年2月まで確定値・3月は速報値が出揃っているので、それを利用することにする。

まずは年次データ。以前の記事同様に既存店のみを対象とし、データが公開されている1999年以降のものをグラフ化する。

↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(1999年-/前年比、既存店)
↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(1999年-/前年比、既存店)

2008年は「タスポ効果」で思いっきり売り上げを伸ばしたコンビニ業界だが、実は2009年においても前半期ではその効果が継続しており、「非食品」はプラスだったことが分かる。しかし他にプラスを維持できたのは「サービス」のみで、「日配食品など」「加工食品」はマイナス、そして「合計」もマイナス値を見せている。少なくともこの10年の間では、合計売り上げが前年比でプラスを出したのは、「タスポ効果」全開モードの2008年の単年だけだったわけだ。

また、次のグラフにあるように、単なる売り上げ合計(新規店舗+既存店)はデータ公開期間中はすべてプラスを維持している。コンビニでは「新展開の店舗の売上向上で全体額のアップを支えていた」感がある。

↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(1999年-/前年比、全店舗)
↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(1999年-/前年比、全店舗)

続いて月次データを。今件ではリーマン・ショック云々はさほど関係がないので、取り扱い範囲を2007年1月以降にする。……タスポ効果とその反動がより分かりやすいよう、2008年以降に限ったグラフも併記しておこう。

↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(2007年-/前年同月比、既存店)
↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(2007年-/前年同月比、既存店)

↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(2008年-/前年同月比、既存店)
↑ コンビニエンスストア商品構成別売上推移(2008年-/前年同月比、既存店)

「タスポ効果」(タスポ導入により、コンビニでたばこを買う人が急増した)によりもたらされた2008年5月以降の「非食品」の急激な伸びがひとめで分かる。合計売上も大きく伸びており、他の分野でも一部プラスを見せていることから、相乗効果も合わせてコンビニの業績に大きく貢献していることが分かる。一方で2009年後半以降は反動で、非食品がマイナスに転じ、他の項目もそれにつられる形でマイナス幅を大きくしているのも分かる。

また、直近の「タスポ効果」以前に「非食品」の大きな上下が起きているが、これはグラフ中に記したように、2007年6月は1年前の駆け込み需要の反動、そして2007年7月はたばこ値上げ後の買い控えの反動によるものであり、たばこの価格やシステムにコンビニの売上が大きく左右されている状況が見えてくる。これから察するに、今のところ2010年10月に予定されているたばこ値上げに伴い、9月に駆け込み需要・10月に買い控えによる大きな動きが起きることが予想される。



このようにしてグラフの形で売上推移を見ると、昨今の「タスポ効果」だけでなく、コンビニの売上が「たばこ」(や前回記事で記述した「ハイウェイカード」)に代表される、「世の中の1システムの変更」で左右されることが多いことが分かる。とりわけここ数年においては、「たばこ」に影響を受けることが多い。

また、グラフを見る限りでは前回記事で言及した、改正薬事法の施行による大衆薬の販売は、集客要素とはならなかったようだ。昨今の月次データで繰り返し触れているように、客足はともかく客単価の減少が避けられない昨今において、コンビニがいかに売り上げを伸ばしていくべく手を打つのか、気になるところではある。


■関連記事:
【コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる(2010年4月時点)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー