「飲んだら乗るな」を身体を張って表現したモニュメント

2010/05/10 06:34

「飲んだら乗るな」本人がどれほどお酒に強くとも、酔っていないと自分で強く思っていても、飲酒運転は絶対にしてはならない運転の一つ。「酔った状態」で無いと自覚している状態でも判断能力・運動能力が鈍り、事故のリスクがケタ違いに跳ね上がるからだ。世界各国で交通関係者は飲酒運転の怖さを知らしめ、運転手一人ひとりが過ちを犯さないように警告している。今回紹介するモニュメントもその一つ。遠くから見ても、そして近寄れば新たな認識で、飲酒しての運転が怖いものであるかが分かるものだ(I Believe in Advertising)。

スポンサードリンク


↑ お酒のボトルの形をした廃車のモニュメント。そしてそれらの車はすべて……
↑ お酒のボトルの形をした廃車のモニュメント。そしてそれらの車はすべて……

制作工程これはイスラエルの高速道路の脇で3か月に渡り展開された、飲酒運転防止のキャンペーン用モニュメント。メッセージ部分には「飲んだら飲むな」と書かれている。遠くから見れば単なるお酒のボトルの形をした塔に過ぎないが、ある程度の距離に近づくとそれが廃車で創られていることが分かる。そしてもちろんその廃車は、自動車事故で生じたもの(元説には無いが、恐らくは飲酒運転上の事故によるものをイメージさせているのだろう)。

制作には80台の事故車両(総重量は15トン)、高さは20メートルにも渡る巨大なもの。イスラエル内でもっとも交通量の激しい高速道路の分岐点そばに配され、一日あたり100万人もの人の目にさらされたとのこと。飲酒運転をしたものがたどり得る末路を暗示しているかのようで、多くの人は気を引き締めたに違いない。

似たようなコンセプト……大きなお酒のボトルで「飲酒運転禁止」を訴えかけるもの……の広告としては、このようなものも存在する。これはブラジルで展開されたもので、より直接的に「酒に取り込まれるとこんな風になりますよ」というアピールをするモニュメントとなっている。


↑ お酒の瓶に入っているのは、飲酒運転によるものと思われる事故車両。
↑ お酒の瓶に入っているのは、飲酒運転によるものと思われる事故車両。A drunk and crashed car into a bottle. Eu bebo sim - carro batido e be^bado dentro de uma garrafa.

お酒の瓶を模した容器の中に入っているのは、恐らく飲酒運転によるものと思われる事故車両。瓶の底部分はお酒が入っているようにカラーリングされ、「酒浸け状態」なことを暗示させている。

交通事故は本人はもちろん周囲の人にも大きな傷を負わせるもの。しかもそれが自身の過失でもある飲酒運転によるものだとしたら、目も当てられない。これらのモニュメントが必死になって訴えかけようとしているメッセージをしっかりと受け取り、ハンドルを握ってほしいものだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー