ケータイ使う中学生、一日どれくらい? 平均は2時間強

2010/04/30 19:30

携帯電話利用と時間マクロミルは2010年4月27日、中学生の携帯電話と生活実態に関する調査結果を発表した。それによると調査母体(携帯電話保有・利用者)においては、通話・メール・ゲームなどを合わせ、毎日3時間以上携帯電話を使っている人が41.0%にも達していることが分かった。概算で平均値を算出すると、2時間20分という値が出る。また男子よりも女子の方が利用時間が長く、女子は過半数が「毎日3時間以上」と回答している(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年4月8日から16日にかけて中学生男女に対して携帯電話のインターネット経由で行われたもので、有効回答数は200人。男女比は1対1。なお回答条件から「携帯電話を保有している」ことが前提となっている件に注意する必要がある。

「携帯電話」という名前にもあるように、本来機能としては「携帯できる電話」が最優先のはずだが、今やインターネット機能周りの方がメインとなりつつある昨今。それら各種機能をすべて合わせ、1日どれくらい利用しているかについて尋ねたところ、全体では41.0%が「毎日3時間以上」と答えていた。逆に「30分未満」とする人はわずか6.5%でしかなかった。

↑ 1日に携帯電話をどれくらい使用(通話・メール・ゲーム等)するか
↑ 1日に携帯電話をどれくらい使用(通話・メール・ゲーム等)するか

曜日の指定はないので平日・休日の平均的な時間を語ってもらっていることになるが、それにしても「1日2時間以上携帯電話を使う」中学生が(携帯電話保有者において)6割を超えているというは、驚異的な値でもある。【高校生、就寝時間はほぼゼロ時 睡眠時間は6時間半】にもあるように、中学生の就寝時間は大体22-23時。宿題や食事などを合わせたら、帰宅から就寝の間だけで携帯電話利用時間をすべてキープすることは難しい。やはり登下校時や塾の行き帰りなどでもチマチマと触れているのだろうか。

また、男女別で見ると当然ながら女子の方が時間が長い。これをより分かりやすくするため、各区分の中央値を使って平均値を求めたのが次の図。

↑ 1日に携帯電話をどれくらい使用(通話・メール・ゲーム等)するか(平均値、分)
↑ 1日に携帯電話をどれくらい使用(通話・メール・ゲーム等)するか(平均値、分)

女子の方が男子より40分近く長い時間利用している計算になる。

もちろんこれらの値は「携帯電話保有・利用者」に限られる。もちろん「ながら利用」もあるだろうが、携帯電話のある・なしで中学生のライフスタイル(携帯電話の利用時間分)はどれだけ劇的に変化するのか。非常に気になるところではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー