ツイッターで上手に「ネットワーク」を構築する8つのポイント

2010/04/01 07:05

ツイッター140文字以内で自己表現をするミニブログこと【ツイッター(Twitter)】は仕様がシンプルなだけに、単純に使うだけなら単なる「独り言」ツールに過ぎないが、それは同時に「色々な工夫ができる」ことをも意味する。【SocialMediaExaminer】ではツイッターを用いた「ネットワーク」(ここでは他人とのつながりを意味する)の創り方、育て方について、次の8つのポイントをアドバイスしている。

スポンサードリンク


自己主張イメージ1.自分が語りたいものを相手にはっきりと示す
自分がどんなことを考え、どんな人物なのかを知ってもらうには、自分が語りたいものをはっきり示すのが一番。例えば絵が描ける人は絵を、写真を趣味としている人は写真へのリンクを貼り付けてみる。ハッシュタグを用いて興味がある話を共有するのも望ましい。

また、つぶやきの内容に一貫性を持たせることで、メッセージ性は強いものとなり、自分のイメージをよりはっきりと相手に伝えることができる。例えばある日は猫嫌い、別の日は愛猫家的な発言を繰り返していたら、第三者はその人のことをどのように思うだろうか。

2.誠実な行動をとる
第一印象が大切なのは実際に人と対面する時でも、ツイッター上でも変わらない。プロフィールの文章、顔のアイコン、そして名前そのもの。「何この人キモイ」と思われるようなものは無いだろうか。また、フォロワーとフォローしている人の数も重要な要素となる。一説にはほぼ同じ方が良い、とする話もあるが、これは使う人の方針次第なのであまり深く考える必要は無い。

新しくフォロワーが増えると、システムからはその人のアカウント名などのデータをメールで送ってくれる。そこですかさず新しくフォローしてくれた人へ、歓迎のメッセージとなる「つぶやき」をする。きっと喜んでくれるに違いない。

3.リツィートしてみよう
相手からの反応(リツィート)は嬉しいもの。「つぶやき」はあくまでも「独り言」が原則で「相手が読んでくれる」ことは確約されていないからだ(【使い方が分からない人につぶやきたい、ツイッターの9つの賢い利用法】)。だからこそ反応は「読んでくれている」ことを認識できるのでとても嬉しくなる。まずは「おはようございます」などの気軽な挨拶からはじめてみてはいかがだろうか。

4.「大声」をあげてみる
もちろんツイッターでボリュームという概念は無いので、これは比ゆ的な表現。意味は「多くの人に読んでもらえそうなつぶやきをしてみる」に他ならない。具体的にはハッシュタグを使う、あるいは特定の(自分が「この人はイイね」と評価している他人)への言及を第三者へも伝えるわけだ。

通常特定の人への返事は文頭に「@」、そして直後にその人のアカウントを入力することで行う。しかしその人に伝えるための「つぶやき」自身は文中に「@」+アカウント名でも出来るので、文中に「@+アカウント名」を使うことで「特定人物への返事をしつつ、その内容を自分のつぶやきを読んでいるフォロワーにも伝える」ことが可能となる。

↑ 具体例。マスキングしたアカウント名の人に伝えつつ、自分のタイムラインを拾っている人にも教えたい場合に使う
↑ 具体例。マスキングしたアカウント名の人に伝えつつ、自分のタイムラインを拾っている人にも教えたい場合に使う

5.他のソーシャル系サービスとの関連性を明確化する
mixiなど他のソーシャルネットサービスでは誕生日を告知するサービスがある。フォロワーにmixiアカウントを持っている人がいたら、マイミク申請をしてみたり、誕生日のお知らせが来たら、ツイッター上で「誕生日おめでとう」のメッセージをつぶやいてみてはどうだろうか(もちろんツイッターのプロフィール上に誕生日の表記があればそれを使って良い)。その際に「4.『大声』をあげてみる」を併用すれば、相手は多くの人から祝福を受けるに違いない。

またブログなどの記事で素晴らしいものを見つけ、それについてつぶやく際には、その記事執筆者のツイッターアカウントを探しておく。そして推奨的な意味で記事をつぶやく際に、「@+アカウント名」を加えて執筆者自身へも伝えるようにする。それとは別に記事そのものの感想を、やはり執筆者宛てにつぶやくのも良い(これはメールやブログのコメントでもかまわないのだが、手間の観点ではツイッターの方が楽)。

6.「語りかける」「問題提起な」つぶやきをしてみる
本当の会話、懇談、ディスカッションのような感覚でつぶやいてみる。興味がある人が自分のフォロワーにいれば、返事のつぶやきをしてくれるに違いない。談義のトリガーを上手に引くためには「役に立つ情報を加えておく」「答える人が回答しやすい、話がさらに進むような良い質問をする」「その質問に自分が強い興味を持つことを何らかの形で表明する」のが必要。

特に2番目の「答える人が回答しやすい、話がさらに進むような良い質問をする」は重要。詳細は【女性との会話がはずむ4つのステップ】の「2.相手に選択ができるような質問をする」などにもあるが、相手が考え、定石なパターンの会話ではなく、個人個人の状況を盛り込めるような言葉を投げかけると良い。

紹介イメージ7.他人を紹介する
ツイッターでの楽しさは他人との出会いにある。その楽しさは自分だけが感じているものではない。素晴らしい創造物や記事などを世に送り出している人がいたら、その記事や創造物と共にその人自身のアカウントをつぶやき、タイムライン経由で自分のフォロワーに「紹介」してみよう。

8.さらなるネットワーク構築の機会を創出する
自分がフォローしている人物で、推奨できる人のリストをツイッター外に創ってみるというのも一つの手。ただしこれは原文ではあまり言及されていないが、ツイッター以外の場所で自分のアカウントを公開されることを嫌う人もいるので注意が必要。

また、スカイプやヤフー・MSNチャットなどは、次なるステップとして興味深いツールといえる。

もちろんこれは「こういうことをすると面白いよ、役に立ちそうだね」ということであり、必ずこれらのことをしなければならないわけではない。元々「つぶやき」「独り言」なのだから、ルールに縛られて熟考した上で入力する必要はない。

なおツイッター上のつぶやきは「自宅で誰もいない部屋でのつぶやき」ではなく、「街中を歩きながら不特定多数の人に聞かれる可能性のあるつぶやき」なことを認識しておくことは忘れずに。プライベートな事、他言無用なことをつぶやいてはいけないのは言うまでも無い。またそれ以外の情報でも、他人に知られたくないことは、つぶやかないのが無難。

ともあれ今件のリストは頭の隅に置いておくと、何かと役立つに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー