小学生のゲーム時間、1日平均54分・年長の男の子ほど長くなる傾向

2010/03/26 06:50

ゲームをする小学生イメージGabaマンツーマン英会話とGaba kidsを運営するGABAは2010年3月16日、「こどもとのコミュニケーションに関する調査」の結果を発表した。それによると調査母体においては、子供が1日にテレビゲームをしている時間では「45分-1時間未満」の区分がもっとも多く21.1%を占めることが分かった。次いで「1時間-1時間半」が17.4%となり、45分-1時間半がボリュームゾーンであることが分かる。また、平均値を取ると全体では54分、女の子は学年であまり変化が無いのに対し、男の子は学年が上がるほど明らかに遊ぶ時間が増加する傾向が確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年2月26日から3月2日にかけて、末子が小学校1年生-6年生の、30歳-59歳の男女に対して携帯電話によるインターネット経由で行われたもの。有効回答数は1000。回答者の男女比は1対1。調査はネットエイジアが担当した。表現上低学年は1年生・2年生、中学年は3年生・4年生、高学年は5年生・6年生とする。

自分の子供が据え置き型のゲーム機だけでなく、オンラインゲームや携帯型ゲームを含め、どれだけテレビゲームをしているのか、その時間について尋ねたところ、全体では「45分-1時間未満」「1時間-1時間半」の階層が一番多い結果となった。

↑ 1日のうちに子供がテレビゲームをする時間(オンライン・携帯型ゲーム機を含む)
↑ 1日のうちに子供がテレビゲームをする時間(オンライン・携帯型ゲーム機を含む)

男女とも「テレビゲーム機を持っていない」層は高学年になると共に減少するが、それでも小学生高学年で男の子1.1%・女の子3.1%が確認できる。一方、ゲーム機を持っていても「遊んでいない(プレイ時間がゼロ)」の子供も数%ほどいるのが分かる。

そのような特異例を除けば、全体と男の子が「45分-1時間未満」「1時間-1時間半」、女の子は「15-30分」「45分-1時間」が最多階層。赤系統の色は男の子の方が多いことから見ても、「男の子の方がゲームで遊ぶ時間は長いのかな」という状況が何となく見て取れるはず。

実際、それぞれの属性で平均値を算出すると、それがはっきりする。

↑ 1日のうちに子供がテレビゲームをする時間(オンライン・携帯型ゲーム機を含む)(平均、分)
↑ 1日のうちに子供がテレビゲームをする時間(オンライン・携帯型ゲーム機を含む)(平均、分)

回答者が父親・母親ではほとんど差異が無い。これは当然の話(親が遊んでいるわけではないからだ)。大きな違いがあるのは、遊んでいる当人が男の子か女の子かという点。女の子の場合は学年が上がってもほんの少ししか上昇しない、むしろ高学年では減少する動きすら見せているのに対し、男の子は明らかに学年が上がるにつれて遊ぶ時間が長くなる。

これは【小中学生の「室内遊び」、パソコンゲームと携帯ゲーム機がメイン】などでも触れているように、子供達の遊びのスタイルが男女間で違うことを起因としている。また、今件がゲーム機などを対象としており、携帯電話経由のゲームは対象外なのも一因といえよう(改めて子供に聞かない限り、携帯電話を操作している姿を見て、サイト閲覧をしているのか、メールを書いているのか、ゲームをしているのかまで、親が把握することは困難)。

昔、【「ゲームは1日1時間」守れている小学5年生は約7割】というキャッチコピーがあったが、ゲーム機などでのプレイ時間に限れば、小学校高学年の男の子は多少ながらもオーバータイムとなっている。1時間を超えたあたりで「セーブしたら今日はおしまい」とする習慣を身に着けさせるべきかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー