【更新】キーボードやマウス、掃除をするのはどれくらい? 男女で異なる頻度の違い

2010/03/20 12:00

キーボードやマウスイメージ「ブロッチ」を展開するアイシェアなどは2010年3月19日、パソコンのキーボードやマウスの掃除に関する意識調査結果を発表した。それによると調査母体においては、キーボードは25.1%、マウスは21.4%の人が「掃除をしたことがない」と答えていることが分かった。掃除をしている人においては、キーボード・マウス共に女性の方が「掃除無し」の割合は多い一方、キーボードに限れば女性の方が高頻度で掃除をする人が多いという結果も出ている([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査はアイシェアが2010年3月2日から3月5日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員(携帯電話による個人認証を利用したもの)に対して行ったもので、有効回答数は510人。男女比は54.1対45.9で、年齢階層比は20代32.7%、30代33.5%、40代33.7%。

パソコンの利用時には本体・ディスプレイと共に欠かせないのが、入力機器であるキーボードやマウス。稼働部分が多いため、半ば消耗品と化しているが、同時にそれだけ好き嫌いも多く、愛着もわくというもの。それらキーボードやマウスに対して、どれだけお掃除をしているのか、というのが今回のテーマ。

キーボードとマウス、それぞれについてどれほどの頻度で掃除をしているかについて尋ねた結果が次のグラフ(元資料のデータを元にこちらで再算出した結果)。

↑ 最も利用時間の長いパソコンのキーボードは、おおよそどのくらいの頻度で掃除していますか?
↑ 最も利用時間の長いパソコンのキーボードは、おおよそどのくらいの頻度で掃除していますか?

↑ 最も利用時間の長いパソコンのマウスは、おおよそどのくらいの頻度で掃除していますか?
↑ 最も利用時間の長いパソコンのマウスは、おおよそどのくらいの頻度で掃除していますか?

・両器機とも若年層の方が「掃除無し」の割合が高い。
・両器機とも男性より女性の方が「掃除無し」の割合が高い。
・高頻度で掃除される(毎日-2週間に1度)の割合に限れば、女性の方が割合が高い。

一般的には「男性よりも女性の方がきれい好き。普段使うパソコン周りもこまめに掃除をしている」というイメージがある。しかし実際には、一部のきれい好きを除けば、男性より女性の方が汚れを気にしないようだ。

もちろん「男性の方が使い方が汚いから、それだけ掃除も頻繁に行うのだろう」という解釈の仕方もある。「掃除の仕方が分からないからでは?」という意見もあろう。しかし掃除の仕方はインターネットで探せばすぐに見つかるし、「汚れが酷くなったら掃除する」よりも「定期的に掃除をする」方が清潔といえる。

汚し方に個人差はあるが、利用時の反応に違和感を覚えた場合はもちろん、そうでなくとも3か月に1度くらいはキーボードやマウス周りの掃除をした方が良い。例え消耗品扱いしていたとしても、より長く使えるし、作業効率も上がるに違いない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー