【更新】世界でもっとも大きく、ガクブルと震えてしまう迷宮

2010/03/15 07:19

世界でもっとも大きく、ガクブルと震えてしまう迷宮イメージ実は当方(不破)は方向感覚が少々弱く、すぐに道に迷ってしまう。パズルの類が苦手なのもそのせいかな、と思ったりするのだが、先日【Presurfer】経由で紹介された、ある迷宮には色々な意味で震えを覚えた。自分のセンスでは脱出が難しいだろうし、その大きさだけでなく寒さで思わず身震いしてしまうのは間違いないからだ。

スポンサードリンク



↑ 全景を見渡した動画。


↑ 内部を探索した人による動画。迷宮内部の仕組みを知るにはこちらの方が分かりやすい。

これは2010年の[Buffalo Powder Keg Winter Festival]にあわせ、ニューヨークでボランティアによって作成された、氷製の巨大な迷宮。ギネスブックからも1万2855.68平方フィート(約1195平方メートル)の面積を持つ、公式では「世界最大の氷で創られた迷宮」として認められた(これまでは2005年にトロントで創られた8280平方フィートのものが最大だった)。

用いられた氷は1つ300ポンド(136キログラム)のもの、これが2200枚。トラックなどで運ばれ、設計図に従い場所によっては電動のこぎりで切断されたり、フォークリフトで持ち上げられ、成形されている。

↑ 事前に作られた設計図。好き勝手に作られたわけではない。中央にお祭りのイメージキャラクタでもあるバッファローの姿も見える
↑ 事前に作られた設計図。好き勝手に作られたわけではない。中央にお祭りのイメージキャラクタでもあるバッファローの姿も見える

↑ 壁は3段+αに氷を積み重ねてつくるため、フォークリフトが大活躍
↑ 壁は3段+αに氷を積み重ねてつくるため、フォークリフトが大活躍



↑ 見事完成。上から見ると簡単そうに見えるが、動画にもあるように中に入るとほとんど周囲が見えないため、結構脱出は難しそうだ
↑ 見事完成。上から見ると簡単そうに見えるが、動画にもあるように中に入るとほとんど周囲が見えないため、結構脱出は難しそうだ

上から迷宮全体を眺めると、さほど難しくないようにも見える。しかし実際には大人の背の高さくらいまで氷が積み重なっており、すぐに脱出することは難しそう。当方のように「出口が見つからなくて」な人は少ないだろうが、寒さで震えてしまう人はかなりいるかもしれない(笑)。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー