「うそ、こんなに早く乾くの!?」と思わず足を止めるマニキュアの屋外広告

2010/03/05 07:02

Rimmelのマニキュアの広告イメージ当方(不破)は男性であり、残念ながら(?)付ける機会はまだ無いのだが、女性の身だしなみの一つ「マニキュア」は早く乾く方が良いそうだ。特に朝出かける前にマニキュアを塗ると、「ただでさえ一分一秒も惜しい朝の時間に、どうしてこんなに時間がかかるのよっ、キーッ」とブチ切れてしまうこともあるとの話。【検索してみても】実にさまざまなやり方が情報として寄せられている。Coloribus.comで紹介されていたのは、それらの情報からも分かるように、女性が求めて止まない「素早く乾く」特徴を持つことがひと目で分かるマニキュアの屋外広告である。

スポンサードリンク


↑ 「なにこれ凄い」と女性陣は誰もが振り返る、Rimmelのマニキュアの広告。
↑ 「なにこれ凄い」と女性陣は誰もが振り返る、Rimmelのマニキュアの広告。

化粧品コーナーに設置できるミニサイズもあるよイメージこれはイギリス・ロンドンで展開された、日本でもおなじみのブランド、Rimmel(リンメル)の屋外広告。自社のマニキュアがいかに素早く乾き、女性たちのニーズをかなえるものかを表すためのオブジェクトで、ビンからこぼれたマニキュアが地面に落ちる過程で乾いて固まってしまい、宙に浮かんだような形になってしまった……という状態を表している。まるでレストランや大衆食堂のショーケースに並べられた、ハシやフォークで持ち上げられている「めん類のサンプル」のようですらある。

もちろん実際にリンメルのマニキュアを高いところから落としても、このようなオブジェクトができるほど素早く乾くはずはない。それを十分に理解させた上で、ちょっとした笑いと共に「あら、こんなに早く乾くのね」という商品の特徴を、道行く女性たちの記憶に強烈に残してくれる。

この野外広告にはミニサイズも存在するようだ。右側の写真を見てお分かりの通り、化粧品の陳列棚に配することができるサイズも用意されている。これはこれで化粧品に興味を持ち棚に目を向けた人に、無言でその長所をアピールすることができる。

残念ながら他の商品への応用は難しいかもしれない(同じコンセプトのものとしては瞬間接着剤くらい?)。ともあれ、単純な看板やノボリと比べてちょっとお茶目な、それでいて非常にメッセージ性の強い屋外広告といえるだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー