自分の国が好きなのは当たり前!? 日本が好きな新成人、80.9%・年々増加中

2010/02/27 10:26

日本が好きイメージ結婚情報サービス「O-net」を運営する楽天グループのオーネットは2010年2月16日、2010年に成人を迎える新成人に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、「日本が好きである」と答えた人は80.9%に達していることが分かった。文化に対する肯定意見は9割近く、歴史に対する誇りや愛着には7割近い同意を示している。また、この「日本好き」な意識は過去4年の間に強まる傾向にあることも確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は楽天リサーチを使ったインターネット経由でクローズ調査として行われたもので、調査期間は2009年12月18日から21日。対象は2010年に新成人となる(1989年4月2日-1990年4月1日生まれ)の未婚男性・未婚女性で、総数は800人。男女比は1対1。なお回答者母体は全員学生である。

日本に関する現在の気持ちを3つの視点で「はい」「いいえ」「分からない」の3拓で尋ねたところ、もっとも根幹を成す「日本が好きか」については80.9%が、「日本の文化が好きか」は88.5%、「日本の歴史には誇りや愛着があるか」には69.8%の人が同意を示した。

↑ 日本に関する現在の気持ち(2010年新成人)
↑ 日本に関する現在の気持ち(2010年新成人)

3項目中もっとも値が低い「歴史に誇りや愛着」でも7割近くが肯定意見を占め、多数の人が「自分の国」である日本を好んでいることが分かる。

オーネットでは過去4年に渡って同様の調査をしてきたが、自国を好む新成人の思いは年々強まる傾向にある。

↑ 日本に関する現在の気持ち(2007年-2010年新成人)
↑ 日本に関する現在の気持ち(2007年-2010年新成人)

今調査レポートの別項目の結果【67.0%は「今後の進路が不安」…新成人が抱える不安とは】【新成人が考えるこれからの生活、 50.4%は「親より悪くなる」】などにもあるように、「雇用不安」「社会不安」など様々な不安、閉そく感を感じる新成人。しかし、あるいはだからこそ、自分が住まう国そのものや文化、歴史に対する想いは強くなっているようだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー