ハッピーセット(マクドナルド)のおもちゃ「ヤッターマン」より「ポチっとな」「おだてブタ」

2010/02/19 17:00

ハッピーセット(マクドナルド)のおもちゃ「ヤッターマン」より「ポチっとな」「おだてブタ」イメージGarbage Shot」第百二十二回。今回は【あの「ポチっとな」ボタンも! マクドナルドのハッピーセットで「ヤッターマン」グッズ登場】で紹介した、[マクドナルド(2702)]のハッピーセットについてくる「ヤッターマン」グッズから、「ポチっとな」と「おだてブタ」をピックアップ。

スポンサードリンク


今回は近所のマクドナルドで程なく関連アイテムを入手。ただし「ポチっとな」と「おだてブタ」はそれぞれ別の週で配布が始まるため、結局二週間越しの取得となってしまった。

爽やかな笑顔で迎えるドナルドが紹介する「ヤッターマングッズ」
爽やかな笑顔で迎えるドナルドが紹介する「ヤッターマングッズ」

詳しくは上記の紹介記事にもあるように、各週で4種類、計8種類のグッズが提供される。1つのハッピーセットでもらえるグッズは1つのみだから、全種類をそろえるには最低でも8種類、ハッピーセットを購入する必要がある。なおグッズはセット購入時に選べるものの、品切れの可能性があるのでご注意を。

発表時から当方が「これだけは手にいれねば」と考えていたのが、今回紹介する2つ。まずは「ポチッとな」ボタン。ボタンを押す時の擬音代わりとして、押した本人に語らせるセリフだが、今回グッズのテーマとなった『ヤッターマン』の悪役、ボヤッキーが使ったことが起源であるとされている。

「ポチッとな」ボタン
「ポチッとな」ボタン

見た目はほぼ原作そのまま。シールが別に付属しており、購入者が自分で貼りつける仕組み。ボタンを押すたびに「やぁ-っておしまい」「あらほらさっさ-」「ポチッとな」の声が聞こえる仕組み。原作を知っている人には涙もののアイテム。出来得る事ならスイッチの切り替えで「ポチッとな」オンリーと、セリフのローテーションの切り替えができると嬉しかったのだが、それは無理な話か。


「ポチッとな」ボタン。ボタンを押した時の声の様子。

続いて「おだてブタ」。こちらも『ヤッターマン』で有名になったギミックで、ことわざの「豚もおだてると木に登る」をそのまま体現化したもの。元々ボヤッキーがドロンジョにメカの出来栄えをほめられた時にコクピットの中から登場し、ヤシの木を登って「ブタもおだてりゃ木に登る、ぶぅー」と茶化すもの。

こちらはさすがにサウンドを盛り込むことまでは出来ず、ヤシの木ではなくてマクドナルドのランプに登る豚を造形化している。豚を持ち主が「自分で」上まで持ち上げはめ込むとランプが点き、「M」の部分のランプを押すとランプが消え、豚が下に落ちるというものだ。ランプを点灯する時には、少し強めに上へ持ち上げないといけないので注意が必要。

ランプを点けて、少々暗くして撮影。何か妙な一体感
ランプを点けて、少々暗くして撮影。妙な一体感


「おだてブタ」ランプ。ランプ直下の赤い直方体にはマクドナルドのロゴが。

少々ギミック的・造形として荒い部分もあるが、オマケとしては十分な出来。『ヤッターマン』ファンはもちろんだが、ファンで無くとも「ポチッとな」や「ブタもおだてりゃ木に登る」に聞き覚えのある人は、チェックを入れてみるべきだろう。

なお今回は動画作成試験も兼ねてのレビューなため、写真というよりは動画がメインと相成った。「おだてブタ」ランプは正直「動画にして意味があるのかな」という感もあるが、音声や動きが重要な要素となる物品の紹介には、動画の方が分かりやすい。今後も機会があれば、動画も取り入れていくことにしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー