「今年は去年よりお金をかけたい!」のは旅行がトップで17.0%。でもそれ以上に48.8%の人は……

2010/02/14 07:04

節約イメージマイボイスコムは2010年1月19日、くらしと節約に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、「今年は去年よりお金をかけたいもの」との問いには全体で17.0%の人が「旅行」と答え、個別項目ではトップについていることがわかった。以下「趣味・娯楽・教養」「育児・教育」などが続いているが、その一方で「特にない」、つまり「去年よりお金をかけたいものは無い」と回答する人は半数近くの48.8%にも達していた。今年も現状では、消費性向は低いままで推移しそうだ(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年1月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万2839人。男女比は46対54で、年齢階層比は10代2%・20代12%・30代33%・40代32%・50歳以上21%。

先に【去年積極的に節約をした人65.3%、今年はスイーツやたばこがターゲット??】で触れているが、昨年2009年に節約をした項目のトップには「外食」がつき、今年2010年では去年と比べて菓子・デザート類、公共料金、通信費などへの節約注力度が高まりそうな気配を見せている。

↑ どのような項目で経費を節約しましたか(経費の節約をした人)(複数回答)/今年節約を心がけようと思っている項目は何ですか(複数回答可)(全員)
↑ どのような項目で経費を節約しましたか(経費の節約をした人)(複数回答)/今年節約を心がけようと思っている項目は何ですか(複数回答可)(全員)(再録)

それでは逆に、今年は去年よりもお金をかけたい項目はあるのだろうか。複数回答で尋ねたところ、もっとも多くの人が答えた個別項目は「旅行」で17.0%、次いで「趣味・娯楽・教養」で14.5%となった。この2項目が1割超えの結果を見せている。

↑ できれば今年は昨年よりもお金をかけたいと思っている項目はどれですか(複数回答、上位10位+α)
↑ できれば今年は昨年よりもお金をかけたいと思っている項目はどれですか(複数回答、上位10位+α)

以下「家電製品・情報機器」「衣料品」「パソコン」など、どちらかといえば生活必需品では無く、「無くても生きていけるもの」が上位に多く並んでいるのが分かる(「育児・教育」は別だが)。

しかしそれら「お金をかけたい」項目をはるかに超えて、48.8%もの人が「特にない」と回答している。「その他」では無く「特にない」わけだから、「今年も去年同様に節約を続け、何事にもお金を去年以上にかけようとは考えていない」人が半数近くに達している事が分かる。冒頭でも触れているが、現状では今年も去年同様、消費者のお財布のヒモは非常に固いままのようだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー