ローソンの「プレミアムチョコロール ケーキ」

2010/02/09 12:30

ローソンの「プレミアムロールケーキ」イメージGarbage Shot」第百二十一回。今回は[ローソン(2651)]が本日(2010年2月9日)から発売した、スイーツ新ブランド新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」の「プレミアムチョコロール ケーキ」。「驚きの商品開発プロジェクト」シリーズでは初の、【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】で紹介した定番商品「プレミアムロールケーキ」の派生商品となる(参考記事:【あの「プレミアムロールケーキ」のチョコ版登場! 「プレミアムチョコロール ケーキ」2月9日発売】【ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一】)。

スポンサードリンク


今回も、いつも利用している自宅近所のローソン某店に足を運び、該当商品の調達。程なく対象商品「プレミアムチョコロール ケーキ」を確認。兄貴分にあたる「プレミアムロールケーキ」と仲良く並んでいた。

二列に並んだ「プレミアムチョコロール ケーキ」。左側に見えるのは兄貴分の「プレミアムロールケーキ」
二列に並んだ「プレミアムチョコロール ケーキ」。左側に見えるのは兄貴分の「プレミアムロールケーキ」

早速本日同時発売の別アイテム(焼豚玉子めし)と共に購入。お弁当を同時に買ったので、例の専用紙袋には入れてくれなかった。「しまった」と思ったが後の祭り。

それはともかく、自宅に戻り、早速袋から商品を取り出してみる。

「プレミアムチョコロール ケーキ」
「プレミアムチョコロール ケーキ」

スペックは、重量が正味75グラム、厚さ25ミリ・直径87ミリ。このあたりは「プレミアムロールケーキ」と変わらない……としたいところだが、一回り小さいようだ(「プレミアムロールケーキ」は直径95ミリ)。カロリーが275Kcal、脂質21.1グラム、ナトリウム91mgと、チョコの分だけ増えているらしい。製造元はやはり同じく【コスモフーズ】【商品一覧】を見ると、どうやらクリーム系の洋菓子を得意とする会社。

袋を開けて中身を取り出すと、容器の中にさらに薄いビニール製のカップが用意されており、その中にくだんの「プレミアムチョコロール ケーキ」が鎮座している。

100円ショップやスーパーなどで普通に売っているロールケーキは、あくまでもスポンジケーキがメイン。クリームは巻かれたケーキの間に入っている「つなぎ」のようなイメージでしかない。しかしこの「プレミアムチョコロール ケーキ」は「プレミアムロールケーキ」同様、ロールケーキと表現するより、「スポンジケーキで包んだたっぷりの生チョコクリーム」という言い回しの方がしっくりくる。それだけクリームの圧倒感が強い。

「プレミアムチョコロール ケーキ」を上と下から眺めてみる
「プレミアムチョコロール ケーキ」を上と下から眺めてみる

念のため下からのぞいてみたが、底までぎっしりとチョコクリームが詰まっている。

肝心の味わい。これがまた素晴らしい。生クリームは「牛乳から作った3種類のクリームを混合した純生クリームを開発」「なめらかな口あたりの生乳感たっぷりのクリーム」と豪語しているだけあり、クリームの舌触りがタダものでは無い。そのきめ細やかさと柔らかさはちょっと配慮を欠いて触れると、音もたてず崩れてしまうような、そんな繊細さすら感じられるもの。

それでいて口の中でとろりと溶けていくうちに広がる優しいクリーム独特の甘さは、やはり柔らかさが絶妙なスポンジケーキ生地のふわふわさな食感と相まって、ロールケーキに対する考え方を一変させてくれるに値する。さらに「プレミアムチョコロール ケーキ」では、単なる「プレミアムロールケーキ」にはなかったチョコレート独特の香ばしさと苦みが混じり合い、大人の味わいを堪能させてくれる。

スポンジ部分も、良く見受けられる既製品の「チョコレートロールケーキ」のような「チョコ……かもね」といった感じの薄い茶色ではなく、重厚な黒に近いチョコレート色をしており、「チョコであるぞ!」という主張を裏付ける。クリーム部分の「クリーミィな甘みとチョコレートの苦みが混じり合った、口当たりの軽いチョコレートクリーム」とはまた別の、「ふわっとした舌触りと苦みがバランス良く混じった」味わいだ。スプーンですくって口に含むと、同じ甘苦みでありながら、クリームとスポンジが別々の味覚として舌の上にころがり、口の中で混じり合う瞬間は、甘党には永遠の時間にさえ思えるひとときといえる。

こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ
こんな感じでスプーンですくって食べるわけだ

価格が160円と、ボリュームに対してやや高め(「プレミアムロールケーキ」より10円高い)なのも納得がいくというもの。量を重視する傾向のある男性にはあまり好まれないかもしれないが、女性にはきっと気に入る人も多いことだろう。もちろんチョコ好きな人ならなおさらである。



先に【去年積極的に節約をした人65.3%、今年はスイーツやたばこがターゲット??】でお伝えしたように、たばこや通信費、公共料金などと共にスイーツ(洋菓子)の類が節約強化対象となる傾向が見受けられる。一方でコンビニでは女性客の客単価を底上げするため、今回の「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」シリーズをはじめとしてスイーツに注力しているだけあり、非常に気になる調査結果ではある。

ローソンのUchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)コーナーイメージローソンでは「プレミアムチョコロール ケーキ」などのようなブランド化・高級志向化のスイーツと、汎用的な一般スイーツの二極化を行っている。その上でスイーツ全体を単なる洋菓子では無く、品格のある商品として(価格はそのままで)バリュー感を高めるような商品戦略を展開しているようだ。

「ウチカフェスイーツ」の次回作はもちろんだが、その他の洋菓子、さらには他のコンビニの類似商品にどのようなものが登場するのか。そしてそれらはコンビニの売り上げや客層にどのような変化を与えていくのか。今後が気になるところだ。


■参考記事:
【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】
【あの「プレミアムロールケーキ」のチョコ版登場! 「プレミアムチョコロール ケーキ」2月9日発売】
【ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー