ミネラルウォーターを購入する最大の理由、27.4%は「水道水には抵抗がある」

2010/02/08 07:09

ミネラルウォーターイメージマイボイスコムは2010年1月19日、水道水に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、頻度はともあれ市販のミネラルウォーターを飲んでいる人は74.2%に達していることが分かった。それらの人にその理由を聞いたところ、もっとも多い意見は「水道水を飲むことに抵抗がある」で27.4%に達していた。すべての水道水が、というわけではないが、地域・条件によっては抵抗感を覚えるようなレベルの水道水も少なくないようだ(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年1月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万2917人。男女比は46対54、年齢階層比は10代1%・20代12%・30代34%・40代32%・50歳以上21%。

以前水道水に関する内閣府の調査結果を【水道水 そのまま飲む人約4割 ミネラルウォーター 利用者3割】で紹介したが、それによると飲み水について水道水をそのまま飲んでいる人は4割足らずでしかなかった。しかも都心部ほど、若年層ほどミネラルウォーターの利用頻度が高い。都市部ほど水道水に関する不安が強く、あるいは実際に首をひねるようなところがあるのだろう。

今調査結果では、「市販のミネラルウォーターは飲まない」という人は25.8%に過ぎなかった。ほぼ毎日、つまり週に5回以上飲む人13.5%をはじめ、週1以上で飲む人だけでも1/4を超えている。

↑ あなたは普段、市販の「ミネラルウォーター」をどれくらいの頻度で飲んでいますか
↑ あなたは普段、市販の「ミネラルウォーター」をどれくらいの頻度で飲んでいますか

週に1回以上の人は(言葉通り)日常茶飯事的に、それ以下の人は何らかのイベント、例えば外食や会議などで出された時に口にする感じだろうか。

そこでミネラルウォーターを購入している人に限定し、なぜ購入するのかを複数回答で聞いて見たところ、もっとも多い回答は「水道水を飲むことに抵抗がある」だった。約1/4の人が「水道水の覚えが悪いのでミネラルウォーターを選んでいる」と答えた形となる。

↑ ミネラルウォーターを購入している理由は何ですか(複数回答、購入者限定)
↑ ミネラルウォーターを購入している理由は何ですか(複数回答、購入者限定)

「健康を意識して」「カロリーや余分な成分が無い」など健康意識の結果、ミネラルウォーターを選んでいる人が多いのも見て取れる。名前からして「ミネラル(鉱物、身体を構成する元素・栄養素)なウォーター(水)」であり、見た目は何も入っていないようではあるが、その実中身は色々な成分が含まれている。しかも「ミネラルウォーターなら全部一緒でしょ」と思う人もいるだろうが、その種類によってPH値をはじめさまざまな違いがある。

健康を意識してミネラルウォーターを選ぶのは大いに結構。実際この数年の間に、ミネラルウォーターを飲む人は増えているデータが、別調査機関から出ている(【この3年間で飲むことが増えた飲料のトップは「コーヒー」、それでは減った飲料は?】)。とはいえ、自分が手にしているミネラルウォーターがどのような特性を持ち、どんな栄養成分を含んでいるのか、時々は振り返ることも必要だろう。自分の体質に「合わない」ものだった、ということもありうるのだから。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー