コンビニで一度にいくら買い物する?「500円-1000円」が4割

2010/02/07 07:18

コンビニでのお釣り計算イメージディムスドライブは2010年2月4日、コンビニエンスストア(コンビニ)の利用に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうちコンビニ利用者においては、1回のコンビニ利用で使う金額は「500円-1000円未満」の人が39.9%、「300円-500円未満」の人が33.5%に達し、「300円-1000円未満」がボリュームゾーンであることが分かった。また年齢階層別では可処分所得の関係からか、若年層ほど利用金額が低い傾向がある(【発表ページ】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年9月2日から9月17日の間にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は8317人男女比は47.6対52.4で、配偶者がいるのは62.6%。年齢階層比は10代0.8%・20代12.0%・30代33.2%・40代31.6%・50代15.8%・60代以上6.6%。

調査母体では(頻度を抜きに考えて)コンビニの利用者は98.0%にも達していた。その人たちに1回のコンビニ利用でどのくらいの金額を使うかを尋ねたところ、全体では「300円-500円未満」「500円-1000円未満」の層がボリュームゾーンとなった。千円札1枚でのお買い物が、コンビニでもっとも多くの人が行っているスタイルなわけだ。

↑ 1回のお買い物で使う金額は、だいたい平均でいくらぐらいですか?(コンビニ利用者限定)
↑ 1回のお買い物で使う金額は、だいたい平均でいくらぐらいですか?(コンビニ利用者限定)

コンビニでの買い物は
1行動分(食事など)だけ。
まとめ買いはあまり無い。
公共料金や着払いの荷物受取の際の支払いを除けば、コンビニでよほどまとまった買い物をしない限り、1000円以上の支払いをする機会は滅多にない。【「コンビニでたばこを買う時、ついでに何を買う!?」をグラフ化してみる(最終結果)】でも触れているように、くだんの「タスポ効果」で比較的単価の高い「たばこ」もよく買われるようになったが、せいぜい1個か2個が関の山。ドリンクを合わせても1000円を超えることは無い。また、最新のコンビニ業界の販売データ【2009年12月度のコンビニ売上高は既存店が5.5%のマイナス・大雨や景気低迷、タスポ反動が要因か】を見ても、平均客単価は600円前後であり、今回の調査結果の正確性を裏付けるものとなっている。

スーパーやディスカウントストアと違い、コンビニでのお買い物は「1回の来店で生活行動の一度分(食事一回分、あるいはそれプラスデザート)」「特定の品物を買うため」に足を運ぶというパターンが多い(何しろ「いつでも開いている」のがコンビニの存在意義なので、閉まっていたり品切れを起こしていることを想定する必要がない。そのため、こまめな買い物でも問題がないわけだ)。それゆえに、単価がそれほど高くないのもよく理解できよう。

これを年齢階層別に見ると、興味深い結果が確認できる。

↑ 1回のお買い物で使う金額は、平均でいくらぐらいですか?(コンビニ利用者限定)(年齢階層別)
↑ 1回のお買い物で使う金額は、平均でいくらぐらいですか?(コンビニ利用者限定)(年齢階層別)

10代は4人に1人が300円未満なのに対し、60代以上はわずか8.2%。300円-500円層には大きな違いはないが、500円-1000円・1000円-3000円・3000円以上層は明らかに「若年層の方が少なく、高齢層の方が多い」傾向が見られる。要は「コンビニでは来客年齢層が上になるほど、一度のお買いものあたりの単価も高い」ということ。

可処分所得の違い(当然高齢者ほど高い)や、コンビニで購入する商品の平均価格を考えれば、納得のいく話。しかしそれでも、改めてグラフ化で確認すると感慨深いものがある。



人口構成比の変化や若年層のコンビニ離れの徴候(【コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる】)を見る限り、「客単価が高い高齢者の来客比率が高まる傾向」はコンビニにとってはありがたい傾向ともいえる。しかし商品の品揃えを高齢者にスライドし過ぎると、ますます若年層が離れてしまうという、諸刃の剣状態であることもまた事実。それにいくら客単価が高くとも、来客数そのものが減少してしまっては元も子もない。

コンビニ経営側としては地域の特性を見極めた上で、オールラウンドな「コンビニ」の姿を求め、お財布の中身が寂しい人もそうでない人も、安心して足を運べる場所を創り上げていくべきだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー