登録総数1億1000万突破・ツイッターの登録数推移などをグラフ化してみる(2010年1月分)

2010/02/04 07:02

ツイッターイメージ140文字以内で自己表現をするミニブログこと【ツイッター(Twitter)】は、【ちまたで今、話題なサイト「Twitter」・気ままでお気楽なひとり言をワールドワイドで】でも紹介したように2006年7月にサービスを開始、海外では2007年あたりから、日本国内では2009年前後から話題に登っている。国内では【「ツイッター」認知だけなら4割強、利用率はわずか3%】でも触れているが利用者はまだまだごく少数。しかし先日【WebProNews】で発表された最新データによると、登録者数は2010年1月の時点で1億1000万を突破したことが分かった。今回はこのデータをグラフ化してみることにしよう。

スポンサードリンク


元記事によると今回のデータはツイッターのAPIを利用したティレクトリ検索サービス【Twellow】の開発リーダーMatthew Daines氏から定期的にもたらされているもの。2009年1月からの総登録数と、そこから逆算できる毎月の新加入数をグラフ化したのが次の図。

↑ Twitterの登録数推移(万人)(WebProNews経由Twellowより)
↑ Twitterの登録数推移(万人)(WebProNews経由Twellowより)

新規登録数そのものも、登録数全体に占める新規登録数の割合も、ここ数か月は減少傾向にあった。最新データの2010年1月においては、登録数は横ばい。

一方で放たれた言葉の数、つまり「つぶやき数」は総数では(当然ながら)増加、一人頭では先月からやや減少を見せた。

↑ Twitterの累計「つぶやき」数と月あたりの「つぶやき数」、1人あたりの平均「つぶやき数」(回/月)(WebProNews経由Twellowより)
↑ Twitterの累計「つぶやき」数と月あたりの「つぶやき数」、1人あたりの平均「つぶやき数」(回/月)(WebProNews経由Twellowより)

登録数の増加及び時間の経過と共に”累計”「つぶやき」数が増えるのは当然だが、月あたりの「つぶやき」数を総登録数で割った「月あたりの平均つぶやき数」も2009年7月の大きな跳ねあがりを別にすれば、一様に増加する傾向を見せていた。2010年1月はやや減少したが、これについてリリースでは「つぶやき累計数の増加は6.33%でしかなく、これは直近1年間では2009年8月に続いて2番目に低い割合。登録数あたりの平均つぶやき数も減少しているが、これは停止アカウント・放棄アカウント・不活性化アカウントによるものと考えられる」と説明している。

なお今件で「登録”者”数」ではなく「登録数」(原文では「users registered」「user registrations」)と表記したのは、掲示されているデータがあくまでもアカウント数であり、現状ではイコール利用者とは言い難い利用が主を占めているため。「平均で1人あたり何アカウントを取得しているか」については現行では資料が見つからないので不明だが、複数アカウントを取得中の人は少なくないはずだ。また、アカウントを取得したものの放置している人、事実上作り捨てした人のことも考えると、有効な登録”者”数は1億人を下回ることは間違いない。とはいえ、登録「者」そのものが同じようなペースで増えているのもまた事実だろう。

【ケータイコミュニティサイトの三巨頭は「Gree」「mixiモバイル」、そして「モバゲータウン」】【「ケータイSNS」の傾向を強めるmixi】などでも解説しているように、ウェブ上のコミュニティサービスはモバイルでの利用が活発になると、さらに普及度や浸透度、利用度が加速する。この傾向は先進諸国よりも新興国で特に顕著に見られる。また先日はMovableTypeやTypePadなどで有名なブログウェア開発会社SixApartでも、ツイッターとブログの中間的な位置づけをコンセプトとした「TypePad Micro(タイプパッドマイクロ)」をTypePadのサービスの一環として無料で提供しはじめている(【発表リリース】)。今後携帯電話などモバイル端末上でツイッターの利用が広まれば、上記グラフの値もさらに上向きとなることだろう。


■関連記事:
【登録数1億人突破・ツイッターの登録数推移などをグラフ化してみる(2009年12月分)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー