新成人がもっとも欲しい自動車は「キューブ」、女性はコンパクトカーがお好き

2010/01/30 09:04

キューブイメージソニー損保は2010年1月29日、新成人のカーライフ意識に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち自動車を購入する予定がある人及び購入を考えているにおいては、もっとも人気が高い車種は【日産自動車(7201)】のキューブであることが分かった。次いで同じく日産のマーチ、BMWの順となっている。男女別に見ると男性ではBMWや[トヨタ自動車(7203)]のプリウスが上位についているが、女性はマーチやキューブ、トヨタ自動車のパッソがトップ3を占めており、女性陣における国産小型自動車(コンパクトカー)の人気ぶりがうかがえる結果となっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年1月14日から18日にかけて、1989年4月2日から1990年4月1日生まれの新成人1000人を対象に携帯電話のインターネット経由で行われたもの。男女比は435対565。調査自身はネットエイジアが担当した。

調査母体のうち自動車を今後購入する予定がないと回答した人「以外」の793人に対し、買うならどの車種が良いのかを複数回答で尋ねたところ、全体では27.3%で日産のキューブがトップについた。

↑ 自動車を購入する際に欲しい車種(複数回答、上位12位のみ)
↑ 自動車を購入する際に欲しい車種(複数回答、上位12位のみ)

自動車購入に割ける予算の問題や、利用者のニーズ(調査対象が新成人のため、子供も含めた自分の家族で利用する想定はあまり無い)ことなどから、国産の小型車の人気が高い。一方で憧れ的なブランドであるBMWも上位についている。【「インサイトは女性が支えている」!? プリウスとインサイト、それぞれに大きく異なる支持層とイメージ】などでも挙げた、一世を風靡しているように見える「プリウス」や「インサイト」などのハイブリッドで知られる(そして初期費用がやや高めな)車種は、前者が第4位に入っているが、全体としては少数派。ガソリン価格の高騰も落ち着きを見せているせいもあるのだろうが、それにもまして「ふところ事情」を優先する新成人の実情が見て取れる。

これを男女別に見ると、大きな違いが見て取れる。

↑ 自動車を購入する際に欲しい車種(複数回答、上位12位のみ、男女別)
↑ 自動車を購入する際に欲しい車種(複数回答、上位12位のみ、男女別)

男性では「BMW」がトップで、「プリウス」「キューブ」「レクサス」が続いており、どちらかと言えば「話題の車種」「格好良さが前面に出ている車種」が上位を占めている。一方女性となると「マーチ」「キューブ」「パッソ」など、国産小型自動車が上位を独占している。

↑ マーチ
↑ マーチ

↑ キューブ
↑ キューブ

↑ パッソ
↑ パッソ

リリースでも触れられているが、女性の国産小型車人気が改めて確認できる。詳細の解説は省くが、男女別で「自動車に対する価値観」を尋ねた結果では、男性より女性の方が「単なる移動手段としての道具」とする認識が強い。

↑ 自動車の価値について(択一)
↑ 自動車の価値について(択一)

このような認識の違いも、「女性は”移動手段としての”実用性にマッチする小型自動車を好む」という、男女で人気の車種が異なる傾向を示す一因となっているのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー