【更新】スポーツだけでなくパソコンやケータイでも…反復運動過多損傷(RSI)とは

2010/01/30 08:57

反復運動過多損傷(RSI)イメージ反復運動過多損傷(RSI、Repetitive stress injury)とは、パソコンやテレビゲーム、携帯電話を長時間操作する人に多い症状である。【ケータイの使いすぎには要注意?! 反復運動過多損傷(RSI)が急増】【あなたの親指、大丈夫? 「反復運動過多損傷(RSI)」が気になる人に】にもあるように、欧米では数年来デジタル系アイテムの普及による弊害として問題視されてきた。また、テニスをはじめとするいくつかの「特定行動を繰り返す運動」でもRSIの原因となる場合がある。小児の健康医療サービスを提供する非営利団体【ヌムール財団(The Nemours Foundation)】では【HealthDay】を介し、RSIの症状をリストアップしている。これらの傾向が確認できれば、RSIになっている可能性があるというわけだ。

スポンサードリンク


・手根管症候群。具体的には手首の「骨」と「じん帯」でつくられる狭い部分が腫れて起きるもの。

・あごの部分の椎間板が圧迫されて生じる「頸椎神経根障害」。肩を使い電話の受話器を耳に当てる姿勢を繰り返していると、起きることがある。

・「テニス肘(ひじ)」。いわゆる上顆炎。

・神経節嚢胞。関節、腱からゼリーのような物質がもれて手首に「こぶ」ができる障害。

・反射性交感神経性ジストロフィー。手の乾燥やふくらみ、筋力の低下などを伴う疼痛性障害。

・腱炎。骨と筋肉をつなぐ「腱」が炎症を起す。

「症状」というよりはそれぞれ個別ですでに病気・怪我に近いものが多く、RSIと判断される云々以前の問題として医者に相談した方が良い内容のものが多い。

【シニア層に急増する新現代病、「パソコン指腱鞘炎」こと「反復運動過多損傷」】でも指摘されているように、日本でもRSIの症状がいくつも確認されている。また【利用時間で3.7倍もの差が…パソコンや携帯電話の使い過ぎ、身体や心に不調をもたらす?】でお伝えしたように、全般的にはパソコンやケータイの利用時間が長いほど、身体が疲労し不調が生じる可能性は高い。

「何か具合が良くないな」「どうもしっくりこない」など身体の不調を感じたら、それは身体からのSOS信号。無理せず素直に休みを取り、心身ともにリラックスしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー