オンラインゲーム飛躍の予感・「遊んだ経験は無いが今後遊んでみたい」は22.0%

2010/01/01 10:38

オンラインゲームイメージライフネット生命は2009年12月28日、昭和50年代生まれの男性を対象とした『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、据え置き型のゲーム機で遊んだ経験があり、今後も遊びたい人は83.8%に達していることが分かった。携帯ゲーム機の77.3%と共に、極めて高い率の人が「今後もゲームで遊びたい」と考えていることになる。一方、オンラインゲーム・ネットゲームについては遊んだ経験がある人は40.1%に留まっていたものの、「経験は無いけど遊んでみたい」人は調査項目中最大の22.0%に及んでおり、今後今調査対象の年齢層でオンラインゲームの利用が増えることを予見させる結果となっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は昭和50年代生まれ(現在25-34歳)の男性でテレビゲームを所有している人を対象に、携帯電話経由のインターネットを介して行われたもので、有効回答数は1000人。調査実施機関はネットエイジア。

ゲーム機のハード様式、あるいは配信方式別にゲームを5つに分類し、それぞれについて「これまで遊んだことがあるか・ないか」「今後も遊びたいか・遊びたくないか」についてクロス式で尋ねたところ、「遊んだ経験があり、今後も遊びたい」とする回答は据え置き型ゲーム機でもっとも多く83.8%に達した。

↑ 各種ゲームのプレイ意向(「今後も遊びたい」の結果を四角で囲っている)
↑ 各種ゲームのプレイ意向(「今後も遊びたい」の結果を四角で囲っている)

「まだ遊んだことが無いが
今後遊んでみたい」
オンラインゲームは
ケータイや携帯ゲーム機の
2倍以上に達する
「遊んだ経験あり」「今後も遊びたい」に限定すると、回答率の高さは「据え置き型」「携帯」「携帯電話」「アーケードゲーム」「オンライン・ネット」の順になる(※オンラインゲームとネットゲームは本来同意語。ニュアンスの違い(オンラインは長時間・連続的、ネットは短時間、不連続的のイメージがある)で回答を誤らないように併記したものと思われる)。

一方、「今は経験が無いが、今後遊んでみたい」という「新規参入希望者」に目をやると、「携帯」「携帯電話」の値が10%強と高めだが、それに倍する値を「オンライン・ネット」が占めている。リリース本文でもコメントされているが、今後今調査母体のような年齢階層において、オンライン・ネットゲームの人口が増えることが容易に想像できる。もちろん初心者にも優しい「窓口」を設ける必要はあるだろう。



リリース本主旨とはやや外れるが、気になるのは「アーケードゲーム」の動向。「遊んだ経験がある」にも関わらず「今後は遊びたくない」人が33.5%と、他の項目と比べて異様な高さを示している。単に「昭和50年代生まれ(現在25-34歳)の男性」にとって「もうゲームセンターで遊ぶ歳じゃないよね」という可能性もあるが、それだけではこの離反率の高さは考えにくい(そもそもゲームそのものには興味がある=ゲーム機を所有している人が回答母体なのだから)。

以前【加速するゲームセンター離れ・理由は「多忙」「割高」「自分の環境の変化」など】でも触れたが、ゲームセンターそのものに対する魅力の減退が、このような結果を導いた一因なのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー