「1000人以上」は都心部で4.3%も!-『ドラクエIX』の「すれ違い通信」の人数比較

2009/12/29 05:14

すれ違いイメージライフネット生命は2009年12月28日、昭和50年代生まれの男性を対象とした『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、『ドラクエIX』の「すれ違い通信」での人数が「100-499人」だった人が、20.1%を占めていることが分かった。都心部のプレイヤーは機会が多いこともあり28.5%に達しているが、地方では6.3%と少なめの結果となっている。また「5人以下」は合計で18.8%・都心部13.4%・地方27.7%となり、社会生活における地域人口の多い少ないが、すれ違い通信の人数にも大きな影響を与えていることが確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は昭和50年代生まれ(現在25-34歳)の男性でテレビゲームを所有している人を対象に、携帯電話経由のインターネットを介して行われたもので、有効回答数は1000人。調査実施機関はネットエイジア。

「すれ違い通信」とはWi-Fiを用いてゲーム機同士が自動的に行うデータのやり取り・サービスのことを意味する。『ドラクエIX』では「特定の場所」にプレイヤーが移動して通信状態に入ることで、他のプレイヤーが通信範囲に存在すれば、互いの主人公が「特定の場所」に遊びに来るシステムとなっている(もちろん自分の『ドラクエIX』には自分の主人公は残ったまま。移動したまま戻ってこないわけではない)。なお「すれ違い通信」が出来た回数、つまり主人公のやり取り数によって「特定の場所」が拡張され、さまざまな特典が得られるようになる仕組みが施されている。

今調査母体のうち『ドラクエIX』を遊んだ経験のある298人に「すれ違い通信」の合計人数を尋ねたところ、全体では20.1%が「100-499人」、次いで「5人以下」が18.8%となった。また、「すれ違い通信をしていない」人も19.5%となり、大きく「していない」「しているけど人数は少数」「多くの人としている」の3階層に分かれていることが見て取れる。

↑ すれ違い通信合計人数
↑ すれ違い通信合計人数

「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県」を都心部、それ以外の地域を地方として区分し、合計人数を見たところ、都心部と地方とでは大きな違いも確認できる。全般的に「都心部の方が人数が多く」、「地方では人数が少ない」。これは他人と接する機会、一度の機会で接する人数のことを考えれば、当然の結果といえよう。ましてや今調査は「20代-30代」「男性」という働き盛りの層に絞った結果。主に通勤の最中に行っているだろうから、ラッシュアワー時のチャンスを考えれば、差が出るのもごく普通の話。

一方で興味深いのは、「すれ違い通信はしていない」「1000人以上」両極端の回答率が都心部でも地方でもさほど変わりは無い事。「すれ違い通信に興味が無い人」「とことん通信しまくる強い意志を持つ人」は地域差が生じない、ということだろう。

「すれ違い通信」の場所は……!?
今調査では「どこですれ違い通信をしたか」についても尋ねている。「昭和50年代生まれ(現在25-34歳)の男性」という限られた調査母体のため、やや場所も偏ったものとなるが、こちらも面白い傾向が確認できる。

↑ すれ違い通信を行っていた場所(複数回答)
↑ すれ違い通信を行っていた場所(複数回答)

やはり働き盛りの年齢層であるだけに、「通勤・通学途中」「駅構内」の回答率が極めて高い。特に都心部では「通勤・通学途中」に7割以上の人が答えており、仕事の行き帰りに『ドラクエIX』を稼働させて、「すれ違い通信」の機会を狙っているようすが容易に想像できる。

興味深いのは都心部では通勤機会での利用が高めなのに対し、地方では都心部と比べて「自宅、友人宅」「飲食店」「会社、学校」「ゲームセンター」など(家電量販店を除いた)通勤以外の機会での利用が多い事。地方では都心部以上に積極的に、「すれ違い通信」の人数を少しでも増やすべく、さまざまな機会を求めている様子がうかがい知れる。



今件調査はあくまでも「昭和50年代生まれ」「男性」という、限られた調査母体を対象としたものであり、『ドラクエIX』のプレイヤー全体のものではない。そのため、他のプレイヤー階層では違った利用傾向を見せる可能性は高い。特に通勤・通学絡みでは子供・女性は今調査母体より少ない値が出て、その代わりに「子供は電車通学はする傾向が少なく、その分学習塾や学校での利用が多くなる」「女性は買い物などでの利用が増える」などの特徴が出ると想像される。

読者の方々で『ドラクエIX』を遊んだことのある人は、どれくらいの人数をやりとりしただろうか。また、どこで「すれ違い通信」を試しただろうか。他人との違いを確認してみるのも面白いだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー