76.2%は「年収の不足額は200万円未満」……働き人の年収アップ希望額事情

2009/12/27 08:55

年収アップイメージNTTデータ経営研究所は2009年12月25日、ビジネスパーソンの就業意識に関する調査結果を発表した。それによると調査母体における「年収があと最低どれくらいアップしてほしいか」という問いに対して、76.2%の人が「200万円未満」の回答層に収まっていることが明らかになった。男性よりも女性の方が要求額が低い傾向にあるなど、興味深い傾向も確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年12月1日から3日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1038人。男女比は82対18で、年齢階層比は20代10.9%・30代32.2%・40代35.6%・50歳以上21.3%。

調査母体に対し、年収が「あと最低」どのくらいアップして欲しいかを尋ねたところ、もっとも多かった回答層は「50-100万円」未満の32.1%だった。

↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?
↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?

次いで「100-200万円未満」が29.7%。これに「50万円未満」の14.4%を合わせると76.2%となり、表題にもあるように「年収の不足分は(最低ラインでも)200万円未満」と感じていることになる。

これを男女別・年齢階層別に見ると、男性よりも女性の方が要求額が低いことが確認できる。

↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?(性別・年齢階層別)
↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?(性別・年齢階層別)

↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?(正社員か管理職か)
↑ あなたは、年収があと最低どのくらいアップして欲しいと思いますか?(正社員か管理職か)

職種や技能、役職、企業別など様々な要素が関係してくるが、一般的には女性よりも男性、若年層よりも高齢層の方が年収は高い。ところが調査結果を確認すると、年収が低い方(女性・若年層)の方が希望年収アップ額は低い傾向が見られる。また、正社員と管理職では、やはり給与が高いと思われる管理職の方が、さらに高い額での年収アップを望んでいるのが分かる。

現在の手取りが高い方が
「アップしてほしい」額も
高い傾向
これは自分の現在置かれている立ち位置、職務内容をかえりみて、無茶を言わないレベルでの年収アップを期待していることを意味する。例えばごく普通の企業の新人サラリーマンが「最低でも年収1000万円アップして欲しい!」と望むのは、夢として考えるのはともかく、現実的な話では無い。つまり今件はあくまでも金額ベースで尋ねているが、個々の回答者としてはむしろ「自分の現在の年収に対して何割アップぐらいか」、つまり「割合としての年収アップ」を主軸として考えていると見た方が良い。

なおリリースでも指摘されているが、これは企業側から見れば「同じ賃金アップの予算枠を設けるのなら、男性よりも女性、高齢者よりも若年層に割り振った方が、満足度の向上が期待できる」ことを意味する。そもそも論として昇給には何らかの理由(年功序列、昇格、企業への貢献)が必要となるが、「限られた経営資源の中で企業全体の活気を上げるには、どのような振り分けをするのがもっとも効率的なのか」、一つの回答が見えてくる気もする。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー