63%は「自分で買おう…」・手帳やカレンダーがもらえない時、あなたはどうする?

2009/12/24 12:10

手帳イメージ楽天リサーチは2009年12月7日、スケジュール管理に関する調査結果を発表した。それによると調査母体において、来年の手帳やカレンダーを取引先からもらえなかった場合、手帳の場合は6割強、カレンダーは4割近くが「自分で買う」ことにしている・したことが分かった。カレンダーの場合は「無料で配布されたものを使う」「その他の手段に手に入れたものを使う」「手帳で代用する」など、さまざまな代替手段を模索・活用している傾向も見て取れる(『発表リリース』)。

スポンサードリンク


今調査は2009年12月9日から10日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000人(有職者対象)。男女比は1対1で、年齢階層比は20代-60代までで均等割り当て。

企業の販売促進ツールとして、年末になると無料配布があちこちで行われるのがカレンダー。また、企業によっては得意先に対し、手帳を配る場合もある。しかし最近では経費削減のあおりを受け、カレンダーの配布そのものを取りやめてしまったり、(コスト削減のため)いわゆる1枚モノになりスケジュール管理用としては使いにくいタイプを配るケースも増えている。

そこで調査母体に対し、もしあてにしていた「取引先からの手帳やカレンダー」がもらえなかった場合、どのように対処するのかを複数回答で尋ねたところ、手帳・カレンダー共にもっとも多かった意見は「自分で購入」だった。手帳の場合は62.9%と2/3近くが、カレンダーは36.0%の人が自腹を切ると答えている。

↑ 来年の手帳/カレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法(複数回答)
↑ 来年の手帳/カレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法(複数回答)

同調査別項目では、手帳は41.1%・カレンダーは47.6%が「取引先で配布している数が減っている」という回答が出ている。スケジュール管理には欠かせない手帳・カレンダーの手配は有職者にとって大きな問題だが、これに対し手帳の場合は「自分で買うしかない」と判断する人が非常に多い事が分かる。

・取引先でもらえない場合
自分で手帳を購入……6割
自分でカレンダーを購入……3割強
一方でカレンダーの場合は自分で購入と無料配布のものを使うが同数。このような違いが出るのは、一つに「手帳の方が書き込み頻度が高いので、大きさや使い勝手について自分の好みにマッチしたものでないと使いにくい」、そしてもう一つは「手帳は自社以外の第三者の目に触れやすい」のが要因だろう。一方でカレンダーは通常自分の机の目に届く範囲に設置され、そこから動かすことは無いため、無料のものでもあまり気兼ねせずに使用できるというわけだ。

また、カレンダーと手帳相互の代替については、「カレンダーを手帳の代用品として使う」人は少数であるものの、「手帳をカレンダーの代用品として使う」人は2割に達している。プライベート・私用を問わず、自分の予定をオープンにすることへのわだかまりもあるし、第一カレンダーは持ち運びできない。「カレンダーを手帳の代用品として使う」のには多少なりとも無理を感じて当然といえる。

意外なのは「紙媒体の手帳・カレンダーが手に入らなかったら、パソコンや携帯などのデジタル機器で代用する」という回答が少数派なこと。カレンダーは2割近くの部分もあるが、多くは1割程度でしかない。機能そのものはむしろ多いものの、デジタルツールでは代用できない良さが、手帳やカレンダーにはあるのだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー