ヘレン・ケラーから学ぶ7つの人生訓

2009/12/21 07:02

名言イメージ先に【「リーダーが持つべき7つの能力」の全格言を並べてみる】でヘレン・ケラーの言葉「目は見えているのに、未来への展望が見えていないのはとても残念な話です。(It's a terrible thing to see, and have no vision.)」について触れた。彼女は他にもきら星のような名言を数多く残しているが、先日【Dumb Little Man TIPS FOR LIFE】でそのうちの7つが「あなたがヘレン・ケラーから学べる、7つの偉大なレッスン(7 Great Lessons You Can Learn from Helen Keller)」として紹介されていた。多くの人に勇気と希望を与えるであろうこの言葉たちについて、今回は紹介していくことにする。

スポンサードリンク


1.夢を追い求めよう(Go After Your Dreams)
「人生とは恐れを知らぬ冒険であるか、あるいは単なる虚無でしかない。いわゆる安全と言われているものの多くは迷信でしかなく、自然には存在しないもの。長い目で見た場合、リスクを避けることはリスクに挑むことよりも安全とは言い切れない。
 (Life is either a daring adventure or nothing. Security is mostly a superstition. It does not exist in nature. Avoiding danger is no safer in the long run than outright exposure.)」

原文ではアルバートアインシュタインやライト兄弟、エジソン、グラハム・ベルなどの偉人の名前を挙げて、単にリスクを避けて極端な現実主義者であることが必ずしも正しい唯一の道ではないことを説明している。

2.展望を持とう(You Must Have a Vision)
「目は見えているのに、未来への展望が見えていないのはとても残念な話である。
(It's a terrible thing to see, and have no vision!)」

リーダーに対する素質としてはもちろんだが、個々においても展望は必要。考えることそのものが面倒だというのなら話は別だが、それは果たして「自分自身」の人生なのだろうか。

3.出来ないことなど何もない(Nothing’s Impossible)
「諦めることなく努力を続けていれば、やりたいと思っているどんなことでも成し遂げることができる。
(We can do anything we want to do, if we stick to it long enough.)」

【人生にやる気を与える24の名言】の「可能と不可能の違いなどその人の決意次第でしかない」や「成功への秘けつなど何も無い。準備、キツい努力、そして失敗から学んだことによる積み重ねの結果に過ぎない」に通じるものがある。

4.経験はプライスレス(Experience is Priceless)
「人生とはレッスンの積み重ね。それは生きて実際に経験してみないと分からないものである。
(Life is a succession of lessons which must be lived to be understood.)」

毎日の生活はすべてが学習の場であり、その日体験したことはすべて次の日以降の自分の人生にとって経験となりうる。日々是鍛錬というところか。本来は「経験は代えがたいモノ」でも良かったのだが、某CMで「プライスレス」の意味が広範囲に知られているところからこのような表記をしてみた。

5.ポジティブシンキング(Focus on the Positive)
「世界は苦難に満ちている。しかし同時に、それを克服することにもまた満ちている。
(Although the world is full of suffering, it is full also of the overcoming of it.)」

良くあるモノのたとえだが。コップに半分の水が入っている時、これを「半分”しか”水が入っていない」と表現するだろうか、それとも「半分”も”水が入っている」と表すだろうか。環境が苦渋苦難に満ちあふれていても、それを「4.」でも触れた「レッスン」と見なせば、それらは「克服しうるもの」ととらえることすらできる。

6.楽観主義であれ(Hang-out with Winners)
「自ら『出来るはずがない』と言いあっているうちは、何もできないものだ。
(While they were saying among themselves it cannot be done, it was done.)」

否定的な考え方をしている人たちは「できるはずがない」「失敗するに決まってる」などと語りかけ、周囲の人のモチベーションを奪い取る力を持っている。彼らと共にいると、自分に秘めた力を忘れ去ってしまう。むしろ「不可能なことなどなく、やれば何でもできる」と考える人たちと共に時間を過ごし、自分の可能性を飛躍させよう。

7.自分の運命はすでに自分の手の中に(Your Destiny is in Your Hands)
「私が探しているものは外のどこかにあるのではありません。すでに自分の内にあるのです。
(What I am looking for is not "out there," it is in me”.)」

一人ひとりが成功するために必要な要素はすべて、実はすでにそれぞれの内に持っている。ただしそれは黙っていては実現化しない。その要素を内に秘めていることを確信し、その成功に値するだけの努力をして「内なる力」を引き出さねばならない。

ヘレン・ケラーは(サリバン先生という素晴らしい指導者に奇跡的に出会えた幸運もあるが)その不遇な環境に打ちひしがれながらも、偉大なる功績を打ちたてた人物として知られている。今回紹介した言葉の端々からも感じられるように、彼女は楽観主義者としても知られている。楽観主義に関する彼女の言葉、

「楽観主義は物事を達成へと導く信仰である。希望、そして確信が無ければ、何事もなし得ることはできない。
(Optimism is the faith that leads to achievement. Nothing can be done without hope and confidence.)」

からも、その心境が理解できよう。

ちなみに「現実逃避」と「楽観主義」は同等のものと勘違いされがちだが、似て非なるものであることを記しておく。前者は単に目の前にあるものを否定するだけに過ぎず、後者は現状を認識した上で別の視点からさらに見定めたり、将来を肯定すると共にそれに向けて歩む方向を定めるというものだ。

いわゆる「リスク対策」「保険」は人生に必要不可欠だが、そればかりでは一歩も先に進めないのもまた事実。どんな考え方をしていても、過ぎる時間は同じなのだから、出来れば明るい考え方で時を過ごしたいものだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー