年賀状、はがきやメールあわせて平均59通・10代はメールが主役!?

2009/12/04 12:00

はがき投函イメージマクロミルは2009年12月1日、年賀状に関する調査結果を発表した。それによると調査母体中で今年の年末にパソコンや携帯電話を利用して年賀状を出す予定のある人は、平均で60通近くを出すつまりであることが分かった。総数としては歳を経るほど枚数が増え、その一方で若年層ほどパソコンや携帯電話による年賀状の割合が高いことが確認できる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年11月20日から24日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は500人。男女比は1対1で、年齢階層比は15-19歳が7.2%・20代が17.2%・30代20.2%・40代17.2%・50代20.8%・60代16.8%。

調査母体のうち何らかの形で年賀状を出す予定がある人は441人。それらの人に年賀はがき・携帯メール・パソコンメールそれぞれ何通ずつ出す予定があるかを尋ねたところ、全体では年賀はがき52.6通・携帯メール4.3通・パソコンメール2.1通、計59.0通という結果になった。

今年送る予定の年賀状数
今年送る予定の年賀状数

男女別では男性の方が全般的に送る数が多い。パソコンや携帯メールは誤差の範囲だが、年賀はがきは男性62.0通・女性43.9通で、20通近くも差が出ている。これは男性の場合、会社の付き合いの関係で出さねばならない人が多いからだろう。

一方年齢階層別に見ると、

・10-20代は携帯メールの割合が高い。特に10代は(参考値だが)携帯メールの数が年賀はがきを上回っている。
・歳を経るにつれて年賀はがきの枚数は増える。50代がピークで75.5通。これも男女の差同様に、会社関連の付き合いが要因と思われる。

などの傾向が見て取れる。先にに【年賀状、出すならやっぱり「はがき」だね・若年層はケータイ年賀も】でも触れたが、年賀状でも若年層ほど携帯メールを愛用する傾向が強く、結果としてメール数も増えていることが分かる。

いわゆる世代間のITギャップをもう少しはっきりさせるため、年賀状総数における年賀はがきの比率を算出し、グラフ化する。この値が高いほど年賀はがきの割合が高く、低いほどパソコンメールや携帯メールによる年賀状送付の割合が高い(IT化が進んでいる)ことになる。

送付総数のうち「年賀はがき」が占める割合
送付総数のうち「年賀はがき」が占める割合

男女に違いはほとんどなく、30代以降とそれより若い層との差が極めて大きいのが分かる。横のつながりにおいてもデジタル世代の多い10代・20代は、年賀状という古来からの風習・習慣においてもさほど気にすることなくデジタルツールを使いこなし、こだわりに関しても気にも留めないということなのだろう。

歳を経てくると自分の年齢の上下との付き合いも多くなるので、それらの人(特に自分より年上の人)に対する配慮も必要になり、年賀はがきを使わざるを得なくなる。しかし自分自身がその「年上」に近付いても、非デジタルに対するこだわりが若い時そのままならば、「年賀はがき」の良さを知った上での利用以外においては、案外携帯メール・パソコンメールによる年賀状送付を続けるのかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー