年賀状、メールで送るその理由・「簡単だから」「ゼロ時に送れる」

2009/12/03 07:29

元旦イメージマクロミルは2009年12月1日、年賀状に関する調査結果を発表した。それによると調査母体中で今年の年末にパソコンや携帯電話を利用して年賀状を出す予定のある人は、その最たる理由として「簡単に送れるから」を上げていることが分かった。他の理由としては男性は「年明けの瞬間に送れる」など合理的理由によるもの、女性は「絵文字、グリーティングカードが使える」など表現の豊かさを好んで使う傾向があるようだ(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年11月20日から24日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は500人。男女比は1対1で、年齢階層比は15-19歳が7.2%・20代が17.2%・30代20.2%・40代17.2%・50代20.8%・60代16.8%。

調査母体のうち、年賀状をパソコン経由のメールや携帯電話のメールで送る人は190人。それらの人に、なぜパソコンや携帯電話を使うのかを複数回答で尋ねたところ、もっとも多かった回答は「簡単に送れるから」で7割に達していた。

パソコンや携帯のメールで年賀状を送る理由(パソコン・携帯電話メールで年賀状を送る予定がある人、複数回答)
パソコンや携帯のメールで年賀状を送る理由(パソコン・携帯電話メールで年賀状を送る予定がある人、複数回答)

普段から利用しているメーラー(メール送受信ソフト)があれば、それがそのまま送り先の一覧としても使える。文章だけなら別のファイルなどに書きだしておいて、送信時にはコピー&ペーストで済む。BBCを上手く使えば(同一の内容になるが)多数の人にいちどきに送ることも出来る。プリンタや年賀はがきを用意することもないし、面倒な設定も要らない。いつものようにメールを送る手順を踏めばよいだけの話。非常に簡単極まりない話であり、合理的に考えるのならははがきよりも何倍も良いに決まっている。

■年賀状をメールで
・男性:簡単、年明け直後に送れる
 →合理的理由で
・女性:絵文字、写真、動画が使える
 →豊かな表現力を活用したい
次いで「年明けの瞬間に送れる」「相手の住所を知らない」などの項目が続いているが、「相手の住所を知らない」「相手がメールで送ってくる」「インターネットだけの知り合い」など、ネット社会ならではの理由が目立つ。インターネットが普及していなかった時には、ありえない選択肢だ(相手の住所を知らずに年賀はがきを送ることなど不可能に近い)。

また男女別で見ると、男性が手間暇を出来るだけかけたくない・合理的にできるからなど合理的理由の項目で女性より多くの票が投じらているのに対し、女性は「絵文字、グリーティングカードが使える」「写真・動画が送れる」など表現の豊かさを求める項目で男性以上の値を示している。インターネットや携帯電話の使い方に対する男女の考え方の違いが、年賀状をメールで送る理由にも表れているのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー