【更新】世界も驚く、日本発の近代的な猫屋敷

2009/11/30 07:39

プラス・にゃんイメージ先日、ネタのシンクロ率が高い「The Presurfer」で気になる記事タイトルが目に留まった。いわく【こんなの信じられるかい? 日本発、猫に優しいデザイン住宅(Unbelievable Cat-Friendly House Design From Japan)】というもので、そこには人間のトイレに併設された猫用トイレや、家猫達の隠れ家的な場所への出入り口の写真が掲載されていた。これまでにも【家猫を飼っている人の頭痛のタネを一つ解消できるかもしれないアイディア家具】【パソコンユーザー必見・ねこ様専用周辺機器】などのように単体ベースで「家猫用アイテム」を紹介したことはあったが、家全体が愛猫向けにカスタマイズされているとは……ということで早速調べてみた。

スポンサードリンク


へーベルハウスの「プラス・わん プラス・にゃん」
へーベルハウスの「プラス・わん プラス・にゃん」

実はこの「猫に優しいデザイン住宅」、【旭化成(3407)】の住宅バリエーションの一つとして提供されている、【プラス・わん プラス・にゃん】。コンセプトとして、


「トロ・ステーション」より。「プラスにゃん」の紹介
・ペットとその家族がふれあいやすい設計手法
・ペットと暮らしやすい設計手法と仕様
・ペットの世話がしやすい工夫のある設備・仕様
・近隣や来訪者へ配慮した設計手法

をテーマに、「ペット共生住宅」を提案している。【リリース】に目を通すと2003年とあるから、今から6年前にはすでにサービスを開始していた計算になる。

タイプは家犬用「プラス・わん」と家猫用「プラス・にゃん」に分けられているが、後者「プラス・にゃん」としては主な設備、機能として、

1.室内飼いを実現しながら、外気と触れ合い快適に過ごせる仕様・設備
・「ペット転落防止フェンス」
・「ニャングルジム」
・「窓ネット」
・「ネコ庭」外構

2.ネコのストレスを低減し、快適に過ごせる仕様設備の提案
・「キャットウォーク」と階段替わりの「ネコ棚」
・ネコ専用の小空間「ネコ間」の設置
・専用くぐり戸付きの「ペット対応出入口建具」

3.来訪者にも飼う人にも快適な仕様設備
・「センサー付き局所換気扇」

などを実装しているとのこと。

猫の移動を妨げない「ペットドア」(左)と、外の雰囲気を楽しみたい猫のための「ニャングルジム」(右)
猫の移動を妨げない「ペットドア」(左)と、外の雰囲気を楽しみたい猫のための「ニャングルジム」(右)

空間を有効に活用した「ネコの散歩道」。言葉通り猫屋敷状態。
空間を有効に活用した「ネコの散歩道」。言葉通り猫屋敷状態。

この住宅サービスを紹介している【海外の猫好きサイト】では「猫のことをよく研究した上で創られたデザイン」であるとした上で「日本に住みたい!」とまで言わしめている。コメントにも「猫のために考えられた住宅としては世界最強」「自分が猫ならこんな家がいいな」「もう少し大きな設備なら自分の(人間の)子供向けとしても使えるのに(※使ってはいけない)」など好意的な意見のものが多い(もっとも、「掃除が大変だろうな」という冷静な意見もあるが)。

ともあれ猫が好きな人、家猫を飼っている人には、まさにパラダイスな家、「夢のマイホーム」に見えることは間違いあるまい。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー