外食時、店を選ぶポイントは? 昼食「価格」で夕食は「味」

2009/11/29 08:29

外食で勘定イメージマイボイスコムは2009年10月23日、外食に関する調査結果を発表した。それによると調査母体において外食で昼食・夕食を利用する人の中で、店を選ぶ際のポイントとしてもっとも多くの人がチェックしていたのは、昼食では「価格」だった。一方、夕食は「料理の味」であることが分かった。選択ポイントの上位陣は昼食・夕食ほとんど同じだか、順位などにいくつかの違いがあり、外食における昼食と夕食の立ち位置の相違の一端が見て取れる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年10月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万3606人。男女比は46対54で、年齢階層比は10代1%・20代13%・30代33%・40代31%・50歳以上22%。なお今回直接データに該当する「昼食を外食ですることがある人」は89.7%、「夕食を外食ですることがある人」は92.1%である。

昼食・夕食それぞれにおいて、外食時に使う店の選択ポイントを複数回答で尋ねたところ、昼食では「価格」がもっとも多く74.2%、夕食では「料理の味」がもっとも多く70.9%を占めていた。

外食する店の選択ポイント(複数回答、昼食・夕食で上位10位のもの)
外食する店の選択ポイント(複数回答、昼食・夕食で上位10位のもの)

※上位五位
・昼食……価格、料理の味、メニューの内容、店へのアクセス、行き慣れている店
・夕食……料理の味、価格、メニューの内容、店へのアクセス、メニューの種類(数)

特に昼食と夕食で「価格」と「味」の立ち位置が逆転しているのが興味深い。元々昼食は朝食よりも予算を低めに設定されている。夕食での外食と比べると利用頻度が高く、高いものばかりに手を出していては、いくら食費があっても足りないからだ。予算枠が限られている以上、まずはその予算内に収めねばならず、必然的に「価格」が最上位に来ざるを得なくなる、という次第。一方夕食では、一般に昼食より利用頻度が低く多少予算上の余裕が出来るため、「価格」よりも「料理の味」が優先されることになる。

また、3位・4位はそれぞれ同じながらも、5位が「行き慣れている店」「メニューの種類(数)」と別々なのも注目に値する。これも頻度の高低を裏付けるものといえよう。

一番なのは「価格も安く味も良い」ものだが、そんな都合のよい外食店はなかなか見つからない。結局はどちらかを妥協せざるを得なくなる。昼食では「味」を妥協し、夕食では「価格」を妥協し、外食でより快適なひと時を過ごそうとする「工夫」がうかがい知れるというものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー