デジカメの性能の良さを思わぬ場面で実感させられる広告たち

2009/11/28 08:44

「顔認識オート」機能イメージ先日の【タクシーの揺れを逆に利用したデジカメの広告】でも触れたが、当方(不破)が所有しているデジカメ(デジタルカメラ)と比べ、昨今のデジカメの性能の良さ・新機能の素晴らしさには唖然とさせられるものがある。中でも気に入ったのが「顔認識オート」機能。カメラを向けると、自動的に情景内に存在する人間の顔を認識してピントなどを調整してくれるので、集合写真もきれいに撮影できるシロモノだ。ファインダー越しには、まるでターゲットにロックオンしたかの如く、枠が顔を取り巻いて映るのも格好いい。今回はこの「顔認識オート」の性能の素晴らしさを面白おかしく、そしてインパクトのある形で表現した広告を紹介することにしよう(元記事:Coloribus.comなど)。

スポンサードリンク


探険隊の記念撮影。でも「顔認識オート」機能で確認すると……
探険隊の記念撮影シーン。でも「顔認識オート」機能で確認すると……

拡大図イメージ今回紹介するのは、去年の今頃に発売された(つまりこれらの広告もその頃のもの)ニコンの「COOLPIX S60」の宣伝用の広告。多種多彩な機能の中でも特に人物撮影に重点を置いており、「顔認識オート」機能(最大12人までの顔をカメラが自動的に認識する)もセールスポイントの一つ。

一枚目はどこかのジャングルに潜入した探険隊。ちょっと休憩も兼ねて記念撮影。撮影される側、そして撮影する側もカメラを向けるまでは気がつかなかったものの、「顔認識オート」機能にかかると……現地の人が武器を手に、今にも襲いかかろうとしている様子が確認できてしまう。

笑えるのは一番左、現地の人が手に持っている、棒に指したガイコツにまでピントが合ってしまっていること。確かに骨格は人間だけど、それはもう生きてませんから(笑)(ただし後述するが、人形でもしっかりと人間の顔の形を成していれば、顔認証機能に反応するので、あるいは……)。

よくある「お遊び」の写真。でもファインダー越しに見ると……
よくある「お遊び」の写真。でもファインダー越しに見ると……

カーテンの中にも隠れてますよイメージ恐らくは女性同士で友達の家に遊びに泊まり、お遊び半分で記念撮影、というシーン。家の中だから出来るのであって、他人には絶対見られたくないよね-とか思っているのだろうが、ファインダー越しに見ると窓の向こうのマンションからは複数の人たちが覗いている姿が確認できてしまうという話。

良く見ると一番右、部屋の中のカーテンのところにも男性が一人隠れているのが確認できる。ここまで「顔認識オート」機能が優れているとは。ある意味、盗撮防止のために役立つかもしれない(笑)。この後、この男性がどのような運命をたどるのかは、広告からでは分からない。

ごく普通のスナップ写真。しかし写っているのは女性だけではなく……
ごく普通のスナップ写真。しかし写っているのは女性だけではなく……

がくぶるイメージ最後はもっともありそうな情景写真を写したところ、もっともなさそうなものが写ってしまった例。普通の部屋、いやシチュエーションからするとホテルの一室だろうか、でスナップ写真を撮ろうとファインダー越しに眺めたところ……「顔認証オート」機能が指示したのは彼女の顔だけでは無く、本来なら「この世」に居てはいけないものたち。

いったいこの部屋にどんな逸話があるのかは知らないが、確かに顔の形には違いないけれども、「そこまで高性能で無くてもイイよ」とカメラを持っている本人は思うことだろう。一枚目の「現地の人」が持っていたガイコツ以上に、出来れば認識して欲しくない対象であることに違いは無い。逆にこれ系のテレビ番組などでは、素材作成用のツールとして重宝されるかもしれない。



ちなみに本物のS60をはじめとする顔認証機能を持つデジカメでは、3枚目のような「本来見えないもの」を「見える」ようにする機能まではついていない。あくまでも情景の中にある、本物の顔(人形なども、ちゃんと人間の顔らしくあれば認証する)を認証するものなのでご安心を。

これらは「顔認証オート」の機能はこんなのスゴイのですよ、ということをひと目で分からせるための広告だが、いずれも「おおっ」とびっくりさせ、強烈な印象を与えることに違いは無い。同時に(3枚目はともかくとして)「こんなこともありえるのかもな」と色々な使い道を想像させてもくれる。「自分も色々と認証させてみたいな」と思わせるだけでも、良く出来た広告といえよう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー